本命に選ばれるモテ女子が絶対にやらない4つのこと

男子からいつも本命に選ばれている「モテ女子」を、不思議に思ったことはありませんか?

モデル並みにスタイルがイイとか、女優みたいにキレイとか、そういうわけでもないのに、と……。

今回は、そんなモテ女子本命に選ばれるため「絶対にやらないこと」を4つ、お伝えしたいと思います。

本命に選ばれるモテ女子が絶対にやらない4つのこと

絶対にやらないこと1:本命男子以外としょっちゅう会わない

モテ女子は八方美人的な要素を持っていると思われがちです。

しかし、それは「愛想が良く、連絡がマメ」という部分の印象が大きいためで、実は本命男子以外とはそれほど会いません。

本命に選ばれるか選ばれないかにあたって「ねたみ」「ひがみ」といった感情がとてもネガティブに働くことを、モテ女子は理解しています。

本命男子以外には、LINEなどで連絡をとっていたとしても、実際に会うのは上手にかわすようにします。

美人な女子はたくさんの男性からのお誘いで、気が向いたら行ってしまうことも多く、それが本命に選ばれてたいと思っている男子の耳に入って、男子側から離れていってしまうケースも多いです。

絶対にやらないこと2:「好き」以外に気持ちを伝える言葉を用意している

モテ女子は、男子の心にゆさぶりをかける言葉をたくさんストックしています。

よくある失敗例が「好き」という言葉をLINEや会話で使いすぎて、重みが全くなく、本命男子にいざ気持ちを伝えようとしても流されてしまうというもの。

いっぽうで、たくさんの男子から人気を集めるためには、「好意」を直接伝える言葉はとても有効です。

モテ女子は、このことを理解したうえで「大切に思っている」「xxxと感じるのは〇〇くんだけかも」といったように、「好き」とは別な言葉で気持ちを表現するものをたくさん考えています。

モテ女子は、本命男子とそうでない男子に、同じ言葉で好意を伝えることは絶対にしません。

絶対にやらないこと3:ライバルのミスや秘密をバラす

モテ女子は恋愛において、他人を攻撃して蹴落としたとしても、しっぺ返しをくらうリスクを理解しています。

美人の女子は油断して、ほかの女子のミス・失敗をばらしてしまったり、秘密をもらしてしまったりすることもあります。

男子からすると「あ、無いな。」と恋愛対象から外れてしまうほど、致命的な印象悪化をまねきますので、モテ女子は絶対にしません。

たしかにライバルは減るかもしれませんが、男子はふと我に返って「自分も同じ目にあうんだな」と警戒心が少しずつ出てきます。

そうなると距離感を保つようになりますので、「本命女子」に選ばれるための道はとても長くきびしいものになっていくでしょう。

絶対にやらないこと4:同じ印象を保つ

美人は「美人だ」ということで、同じような印象を持たれやすいもの。

いっぽう、美人ではない女子は、他のことで男子から受ける印象をコントロールすることが可能です。

モテ女子はこのことを理解し、美人ではない(美人すぎない)ことを、むしろ逆手にとって行動しています。

同じ髪型、似たような服やメイクを続けるのではなく、ありとあらゆるものに柔軟性を持たせ、定期的に印象を変える。

そのようにして、本命になりたい男子の興味を引いているのです。

いつも同じような印象を本命男子に持たせることは、モテ女子は絶対にしません。

おわりに

いかがでしたでしょうか?

恋愛におけるヒントを考える際には、「やるべきテクニック」に集中しがちですが、「やらないテクニック」についても整理しておくと効果的です。

ぜひ今回のヒントを参考に、気になる男子との関係を、より良いものにしていってくださいね。

(お坊さん 恋愛コーチ さとちゃん/ライター)

(愛カツ編集部)