脚

男性に多いフェチのひとつに「脚フェチ」があります。

脚フェチって、脚ならなんでもいいわけじゃないみたい。美しい脚、魅力的な脚に魅かれる……それが、脚フェチ男性の言いぶん。

そこで今回は、そんな脚フェチの男性に「脚の魅力」についてリサーチ。

その結果を元に、脚フェチの男性の心を奪う方法を分析してみました。

脚から始まる恋、してみませんか?

脚

僕たち、脚のここが好きなんです!

まずはじめに、脚フェチの男性に「脚の魅力」について思う存分語っていいただきました。

「僕が好きなのは適度にむっちりとした白い足。ひざ枕してもらったときに柔らかく、そしていい匂いがしたら……最高!」(26歳/SE)

「引き締まったふくらはぎの女性をみると、美しいなぁ、と見とれてしまいます」(27歳/公務員)

「ひざの黒ずみがないキレイな脚や、つるつるのかかとが好き。要は、細部まできっちりお手入れをしている女性が好きなんです」(28歳/会社員)

どうやら、脚フェチの男性は、美しいラインもさることながら、すみずみまでお手入れされた脚がお好みみたい。

ムダ毛の処理はもちろん、まずはひざやかかとのケアをしっかりと。

脚フェチが好きな服装は?

続いて、脚フェチの男性が大好物の服装をご紹介しましょう。

どうやらお好みのファッションは、脚が露出されたミニスカートやショートパンツだけではないようです。

「断然スキニーですね!ヒップラインから脚の形までキレイに見えるので最高です!」(28歳/医療関係)

「タイトスカートです。歩いているときにヒップから太ももにかけてのラインが浮き出るのがいい」(27歳/営業)

「ミニスカートにハイソックス!絶対領域が強調されてたまりません」(25歳/住宅メーカー勤務)

「ちょっぴりMの僕は、スウェードのロングブーツにドキドキしちゃう」(24歳/商品開発)

どうやら脚がもろ見えになるファッションよりも、ちら見せや体のラインが出る方がウケがイイみたい。

あれこれロマンチックな妄想をしてしまいたくなるファッションがお好みのようです。

こんな仕草にドキッ!

最後に、脚フェチの男性がくらくらしちゃう、「たまらない仕草」をご紹介しましょう。

「正座。ひざ枕を連想させるから」(26歳/商社勤務)

「脚をちゃんと閉じて椅子に座っている姿。脚を組んで座るよりもよっぽど女性らしさを感じる」(25歳/不動産会社勤務)

「ストッキングをなおす仕草。ぴたっと脚に張り付いていたストッキングがちょっとゆるんでるのをたくしあげてる姿は、たまらなくセクシー」(30歳/運輸業)

どうやら、女性らしさが強調される仕草がポイント高いようです。

大胆な仕草より、おしとやかな仕草を意識するのがコツですね。

あざといくらいでOK

脚フェチの男性をトリコにするには、さりげなさよりもあざとさが重要。

相手が「俺が脚フェチだってしってて、そんなことするの……?」って思えばしめたもの。

彼は「俺の性癖を受け入れてくれるんだ!」と感激しちゃうはずです。さぁ、脚で落とす準備は万端ですか?

(愛カツ編集部)