ワガママ女子

「女子はワガママ」「甘え上手の女子はかわいい」とよく聞きます。

でも“ワガママ”と“甘え上手”の境界線とはどこなのでしょうか。

あなたが思う“かわいい甘え”は、男子から見るとただの“ワガママ”に見えているかもしれません。

今回は、男子が思う女子の「ワガママと甘えの境界線」を教えちゃいます!

ワガママ女子

1.“自分勝手”はワガママ

男子が「ワガママだなぁ」と思っている女子の特徴は、ズバリ“自分勝手”。

相手に合わせてばかりのイエスマンにも魅力は感じませんが、

・自分の予定が最優先
・相手に合わせられない
・その場に合わせた対応ができていない

という女子はもっと可愛げがありません。

自分勝手な行動や発言は、男子をゲンメツさせることしかできないのです。

まずは自分本位になっていないか、周りが自分の言葉で動くのが当たり前となっていないか……。
一度、しっかりと確認してみましょう!

2.甘え上手は“持ち上げ上手”

甘え上手と聞いて、すぐにどうすればいいのかピンと来る人は、どのくらいいるのでしょうか。

同じ女性で甘え上手だと感じる人はいても、自分が上手に甘えられているのかはわからないですよね。

そんな甘え方がわからない女子達は、まず“持ち上げ上手”になりましょう。

例えば、
・彼の話に興味を持つ
・彼のいないところで彼を褒める
・彼を理解する など……

持ち上げて持ち上げて、彼をその気にさせてしまえばこっちのもの。

彼があなたに好感を持てば、あなたのちょっとしたお願いにも喜んで応えてくれることでしょう。

とはいえ、明らかに下心のある持ち上げは彼にだって気付かれてしまいます。

彼を持ち上げたいからとムリに話に興味があるフリをするのは、どうしても違和感を生んでしまうもの。

本当に興味のある話題や、疑問を持った話題に対して興味を示していけば、自然と彼との仲も深まります。

彼との距離が近くなれば、それだけ褒めやすくなるのです。

3.相手を“気持ちよく”させているかが大事

彼の話に興味を持てば、彼は気持ちよく話せる。

本人のいないところで彼を褒めれば、まわり回っていつかそのことが伝わる。

彼を理解すれば、彼がグッとくる甘え方がわかってくる……。

こうするうちに、だんだんと彼の間合いに入っていけるようになります。

彼の間合いに入っていけば、彼の性格を知り尽くすことができますよね。

性格を知りつくせば、彼がどうすれば気持ちよく話ができるのかわかってきます。

表の彼ではなく、裏の彼まで理解することで、気持ちよく話が出来るような環境・状況にしてあげられるということなのですね。

そうすると、あなたのちょっとしたお願いも“かわいい甘え”だと感じてもらえるようになりますよ。

おわりに

いかがでしたか?女子の“かわいい甘え”とは、まず相手をよく知ること。

相手を知れば知るほど、彼の人柄やクセがわかってきます。

そうすることで「かわいいからいっか」と、あなたの甘えを許してくれるようになるのです。

(コンテンツハートKIE/ライター)

(愛カツ編集部)