萎えること

付き合いが長くなってくると「デート中でもこれくらい許してもらえるだろう」なんて思ってしまうことってありますよね。

でも彼だってあなたのために時間を作ってデートをしてくれています。

「こんなことなら別のことに時間を使えばよかった」と思われてしまったら、次から会うことは難しくなってしまうかも……。

そこで今回は「デート中にされると萎えること」について男性陣の意見とともにご紹介します。

萎えること

1、LINEの返信

・「一緒にいるのに頻繁にLINEの返信をされると『俺ジャマだったのかな?』って思ってしまう」(31歳/メーカー勤務)

これは問答無用で失礼行為ですよね!

仕事の連絡で仕方なく……というのならまだしも、ずっと友達とLINEでやり取りをされては彼もガッカリしてしまうもの。

家に帰ってからゆっくり返信したほうが、自分も落ち着いて文章を考えられるのではないでしょうか。

2、ゲーム

・「一緒に目的地に行くために電車に乗っていたんだけれど、その間彼女がずっとゲームをしていた。話しかけても無視されるし、微妙な気持ちになりました」(25歳/営業)

・「『時間限定の対戦イベントだから!』と言いながら、1時間きっちりゲームをされたとき。だったらデートしない方が良かったんじゃ……? と思った」(30歳/接客)

男女問わず、外でもゲームをしている人が本当に増えましたよね。

とはいえデート中でもひっきりなしにゲームでは、彼も話しかけていいか迷うもの。

「そんなにゲームがしたいのなら、俺と会う意味なかったよね?」と思われてしまうかも。

彼との時間はゲーム以上に価値があるはず。せっかくオシャレをして遊びに来たのですから、彼とのデートに集中しましょう!

3、メイク直し

・「食事が来る前に、机の上に道具を広げて化粧直しをはじめた。しかも結構時間がかかっていて『それならトイレでやればいいのに……』と思ってしまった」(24歳/広告)

スッピンを見せるほどの仲になってくると、メイク直しを見られてもそこまで恥ずかしさはなくなるもの。

しかし意外とメイク直し中の顔って、ブサイクになっていることが多いんですよね!

人前でメイクをする彼女の姿に、男性陣も恥ずかしさを感じています。

なるべく家から崩れないメイクをしてくるようにしましょうね。

おわりに

せっかくのデートなのに彼女が自分のことばかりだと、彼もテンションが下がってしまいます。

デートを片手間でこなそうとするのではなく、全力で楽しみましょう。

そうすることで新たな彼の良さも発見できるかもしれませんよ。

(和/ライター)

(愛カツ編集部)