うまく好きな人にうまくアプローチする方法とは?

「気になる彼を落としたいけれど、どうやってアピールしたらいいのかわからない……」

こうお悩みの方は多いでしょう。

アピール方法を間違えてしまうと、好きになってもらうどころか、もう会うことすら困難になってしまいます。

そこで今回は心理学から見る「好きな人にうまくアプローチをする方法」についてご紹介します。

うまく好きな人にうまくアプローチする方法とは?

1.まずは彼の視界に入るところから

とある心理学者は、数人の女子大生を対象にある実験を行いました。
12人の成人男性の写真を2秒ごとにランダムで表示し、86回見てもらうというものです。

その後、スライドの中のどの男性に好意を持つか調査したところ、スライドの登場回数が多かった男性のほうが好意を持たれる結果になったんだとか。

これを心理学では「単純接触効果」と呼び、目にする回数が多いほど好感度の上昇につながり、たとえ会話をしなくてもそれだけで「なじみの相手」となることがあるのです。

この心理を利用して、たとえ今は好きな人との会話が難しかったとしても、まずは視界に入るところからはじめてみてはいかがでしょうか。

例えば気になる彼と同じ電車に乗れるよう意識してみるのもアリかもしれません。
そこから少しずつ馴染みになり、親しくなれるタイミングを狙ってみましょう。

2.第三者に自分を褒めてもらう

ネットなどで買い物をする際は、必ず口コミをチェックするという人も多いのでは?

それだけ人って第三者の意見が気になるもの。
このような心理を利用して、意中の人がいる場所で、周囲の人に自分を褒めてもらうのも方法です。

この時に注意したいのが、

1.多くの人に褒めてもらうこと
2.ひとりでも反対意見を述べさせないようにすること

上記の2点を意識するだけで、もしかしたら彼から「たしかにあの子ってちょっと良いかも……?」と思ってもらえるようになるかもしれませんよ。

3.共通の趣味をひとつ掘り下げる

共通の趣味があると、彼との会話も弾みますし、仲良くなれますよね。

しかしポイントは共通の趣味の“数”ではなく、“深さ”なんだとか。

たとえば音楽鑑賞が共通の趣味だったとしても、そこで好きな音楽のジャンルや歌手が合わないと、会話はスムーズにいきません。
逆に共通の趣味が音楽鑑賞しかなかったとしても、その中で掘り下げた好みが一致すれば、ふたりの関係はより良くなっていきます。

彼にアプローチをしたいのであれば、深く一致しそうな趣味を、徹底的に探すのが良いかも!?

おわりに

ただ遠くから彼を眺めているだけでは恋は成就しません。

とはいえ焦ってしまうと、うまくいくものもいきません。
まずは彼に自分を知ってもらうところからはじめてみましょう。

(和/ライター)

(愛カツ編集部)

参考文献

・植木理恵(2012年)『植木理恵のすぐに使える行動心理学』宝島社