エッチをするときって、前戯をしっかりしてくれないと痛いし気持ちが入らないしイライラ。

自分だけ気持ちよくなったらちょっと触って挿入、そんなエッチをされると女子はガッカリ……なんてことも!

そこで今回は、彼に挿入以外のエッチを頑張らせる反応や言葉のテクを5つご紹介!

前戯

1、「もうちょっと…」と、おねだり

ちょっとキスや刺激で濡れたからってすぐに挿入しようとする彼に「ちょっと!まだダメ!」なんて強く言える女子なんていないですよね。

そんなこと言ったらその場が白けてしまい、後日のエッチだって期待できません。

そんなときは、声は小さめにそっと彼の顔に近づいて「もうちょっとして?」と可愛くお願いしてみましょう。

「もっとして」と恥ずかしそうに言う可愛い彼女にムラムラし、もっと気持ちよくしたいと頑張ってくれるはずです。

2、感じていると態度で表現する

彼が気持ちよくしてくれようと頑張っていても「そこじゃないんだけどな」と内心思いながら演技していることはありませんか?

一方、彼はあなたの演技で自分の愛撫で彼女が感じているとかん違い。いつまで経ってもあなたが本当に感じられる前戯はしてもらえません。

そんなときは、彼の触る場所によって感じ方を変えてみましょう。

気持ち良いと思うところには声も大きくカラダもうねらせ、あまり気持ちよく感じないところには声もそこそこに落としてしまうのです。

そうすることで、彼も『ここが良いんだな』と学習し、エッチがより良いものになっていきますよ。

3、1度フェラでイカせる

ムラムラしている男子の頭の中は『早く出したい』でいっぱい。そんな彼に“に時ていねいに時間をかけた前戯を”と言っても無理な話。

早く出したい彼の欲求を抑えるには、まずはあなたが前戯で彼をスッキリさせること。

1度射精してスッキリすると、出したい、挿れたいという欲求から解放され、次は彼女にしてあげようと思う男子が多いです。

もしそこから続きをしてくれない彼なのだとしたら、それはあなたに対しての愛情がないのかも。

そんな彼氏とは一刻も早く別れてあなたを心から想ってくれている人と出会った方が幸せになれますね。

彼のホンネを見れるということも含め、まずは彼を気持ちよくさせてしまいましょう。

4、彼の手を掴んでアソコヘ持って行く

彼に対して「もっとして欲しい」と思っても、言葉で伝えるのは恥ずかしいという人もいますよね。

声で感じている場所をわかってもらうという方法もご紹介しました。

でももっとわかりやすく彼にアピールするのが彼の手を掴んで、自らアソコへ持って行くという方法。

「そんな恥ずかしいことできない!」と思う女子も多いかもしれません。

でも、キスなどイチャイチャしているときにするのであれば、意外と簡単にできてしまうもの!

彼も、彼女に直接手を持っていかれれば、その積極的な行動に興奮し、思い切り前戯をしてくれること間違いなしです。

5、「挿れていい?」の言葉に「まだダメ♡」

彼にもし「挿れていい?」と聞かれたら、あなたは何と答えますか?

「いいよ」と答える人もいれば、うなずいて見せる人もいるでしょう。

しかし、イエスと答えるにはどうにでも伝えられますが、ノーと答えたい場合は……?

「まだダメ」と言える人はなかなか少ないですよね。もし『まだ前戯しててほしい』と思ったときは、甘えた声で「まだ♡」と伝えてみましょう。

あなたの甘えた声にさらにドキドキ、大胆な言葉に情熱的な前戯をしてくれますよ。

おわりに

いかがでしたか?

前戯は、男子が思っているよりも大事なこと。

毎回短い前戯で許していると彼もそれが短いことに気付かず、一生そのままのエッチしかしてもらえません。

彼に前戯の大切さをわかってもらい、お互いがより気持ちよいエッチになるように導きましょう!

(コンテンツハートKIE/ライター)

(愛カツ編集部)