こじらせ女子

恋愛が上手くいかなくて悩んでいる人はいませんか?

仕事の人間関係で悩むか恋愛で悩むか、健康で悩むかといったように人が抱える悩みというのはどれも似通っているもの。

特に恋愛でいつも上手くいかないという人は独り身が長くて「こじらせ女子」になってしまっていませんか?

今回はタイプ別にカテゴライズしてみました。

こじらせ女子

1:漫画のような恋愛に憧れている

漫画のようなロマンチックな恋愛に憧れているという人は理想が高すぎて男性を選んでしまっている恐れがあります。

恋愛でよく言われる『理想』は思いえがけばえがくほど妥協できなくなっていくという性質があるので、注意が必要です。

理想に近い男性と出会っても「なんか違う」といったように相手を選んでしまうという人は要注意。

もし本気で恋人を作りたいというのであれば、相手の情報は必要最低限以上には聞かないようにするといいでしょう。

情報とは開示されていればいいというものでもありません。

このタイプの人は年齢や年収、趣味といったように相手のスペックを聞けば聞くほど好条件を求めてしまい、妥協できなくなってしまうという性質があるようです。

「浮気はしない人」といったようにたった一つ譲れない部分だけしか聞かないようにするといいでしょう。

2:自分磨きは怠らない

ヨガや料理、資格の勉強といったように自分磨きを怠っていないのに恋人ができないという人は自分磨きが目的になってしまっている恐れがあります。

キャリアアップのために自分磨きをしているのであればいいのですが、恋人が欲しくて自分磨きを始めたという人は今一度目的と手段が入れかわってしまっていないかチェックしてみてください。

例えば、飲み会に誘われたのに「今日はヨガの日だから」と断ってしまっていないでしょうか?

続けることは大切ですが、何事も程ほどを心がけてみてください。

3:口癖は「自分らしく」

「自分らしく」という台詞が口癖な人は自分らしさを追い求めすぎて他人と歩調を合わせるということを忘れてしまっている恐れがあります。

もちろん、自分らしくいられることにこしたことはありませんが、相手を理解して寄り添うことも大切なこと。

「ありのままの私を受け入れてくれない人ならいい」とせっかくの出会いを棒にふっていないでしょうか。

恋愛は共通点を見付けてあって惹かれ合い、お互いの違いを受け入れて愛が深まるという性質があるようです。

まずは共通点を見付けることを意識してみてください。

4:グループの中ではムードメーカー

グループの中でムードメーカー的な役割を演じているという人は自分のことよりも人のことを優先しがち。

いい出会いがあっても友人にゆずってしまったり、友達の恋愛を応援し自分のことは後回しにしてしまっている恐れがあります。

その場の雰囲気を気にするあまり、言いたいことを言わないで我慢するという人は要注意。

このタイプの人は合コンなどの複数での出会いではなく友人の紹介など、1対1で出会える手段がオススメです。

おわりに

いかがでしたか?今回は独り身をこじらせてしまっているなんて方をタイプ別にご紹介しました。

あてはまっていませんでしたか?

もしあてはまるものがあるという人はこの機会に新しい出会い方を模索してみてください。

婚活パーティーのように大人数が出会うような場所では、肩書きやスペックで。

合コンのような少人数での出会いでは話し方や性格で相手を選ぶ傾向が強くなるといわれています。

ぜひ参考にしてみてください。

(草薙つむぐ/ライター)

(愛カツ編集部)