恋愛スイッチ

恋愛に興味のなさそうな意中のカレ。ひょっとすると「恋愛ご無沙汰男性」かもしれません。

この場合、こちらからアプローチをかけないと進展がなさそうです。

今回紹介する、恋愛ご無沙汰な男性に恋のスイッチが入る瞬間を意識し、ぜひ行動に移してみて下さい。

恋愛スイッチ

①予期せずして「いい男枠」に分類された

予期せずして自分が「いい男枠」に分類されたとき、ご無沙汰モードが一気に解除され、恋愛モードに入る男性がいます。

たとえば、ボウリングのチーム分けなどで「イケメンチーム」に分類されるなどです。

男性は、よほど女好きでない限り、モテないならばモテないなりのライフスタイルを送るもの。そんな生活が続くと、自分が男として見られることを意識しなくなり、だんだんと恋愛から遠のいていきます。

まずはイベントや飲み会の席などを利用し、カレを男と見なす発言で刺激を与えてみましょう。

②心から好きなことを女性に応援された

心から好きなことを女性に応援されたとき、男性は恋愛ご無沙汰男子を返上、殻を破ることがあります。

「○○クンは本当に熱帯魚の研究が好きなんだね。私も○○クンが熱帯魚ハカセになってくれたら嬉しいな」

こんな風に言われるなどです。

男性は社会的に成功しているという裏付けがあってこそ、ワンランク上の男として自信が持てるようになります。

女性に応援されることで、カレは「成功&モテ予兆」を感じるかもしれません。そんな気分にさせてくれたあなたを意識し始めるかも……。

③不釣り合いかも? と感じる女性と交流を持った

自分には不釣り合いかも? と感じる美女との接点を持ったあとに、男性は一気に恋愛解禁モードになることがあります。

例えば、社内イチの人気女性社員や取引先の美女など、高嶺の花のような、他の男性が羨ましがる女性と交流を持ったときです。

そんな女性と交流を持てた、というだけで男性にとっては誇らしいもの。そんな刺激をきっかけに、カレは追いかける立場となり、恋愛のスイッチが入るのです。

カレが恋愛ご無沙汰の様子なら、手が届きそうで届かないいい女を演じ、大胆にカレを誘い出してみましょう。

④女性と「真の愛」について語り合った

女性と「真の愛」といった哲学的なテーマについて語り合う機会があったとき、男性は突如恋愛したくなることがあります。

家族愛や、性愛を超えた男女の絆、また人類愛などを描いた映画やドラマの話題などがきっかけになります。

恋愛ご無沙汰状態になっていると、自分には恋愛なんて似合わない、といった気持ちになっていくもの。しかし、より高尚な「真の愛」ならば人類共通のテーマであり、心理や行動を理論的に分析、理解することで、愛を求めてもいいように思えてくるはずです。

たまにはカレと深い話をし、人生を豊かにするパートナーになり得ると思わせましょう。

「お熱い刺激」で揺さぶりをかけるのも手

恋愛ご無沙汰男性の心の扉がなかなか開かない、という場合には、ちょっぴりスパイシーな刺激を与えてみるのも手です。

少し露出をした色っぽいコーディネート、色気のある会話、軽いボディータッチ、などロマンスを予感させるような「お熱い刺激」で大胆に揺さぶりをかけてみるのもアリ。
とたんにあなたのことを意識し始めるかもしれません。

(ちりゅうすずか/ライター)

(愛カツ編集部)