女子をかわいく見せるのに欠かせない「メイク」。新しいコスメをゲットしたり、違うスタイルに挑戦してみたり、バリエーションを増やす努力をしている方も多いはず。
とはいえ、男性的には、ちょっと考え直したほうがいいメイクもあるのだとか!?

もしかするとそのメイク、かわいいと思っているのは女子だけかもしれません。

長すぎ・跳ね上げアイライン

アイラインは、目元をくっきりさせるのに必須。とくに、目が小さいことにコンプレックスを感じていると、少しでもパッチリ見せたいものですよね。

しかし、アイラインを長く引きすぎるのは、男性ウケ×。東洋人系の顔にマッチしていなかったり、そこだけ際だって見えたり……。
一発で“メイクしている感”がバレバレなので、「それ不自然じゃない?」と思っている男性も少なくないようです。

跳ね上げアイラインも、「なんか怖い」「ケバく感じる」と、不評。まつ毛のスキマを埋める、一見入れているの分からないアイラインが無難です。

苦手さんが意外と多い! まつエク

定期的に、まつエクをつけているという方も多いはず。たしかに、まつ毛は目元を華やかにしてくれますし、アイメイクも映えますよね。しかし、これもやりすぎには注意。

NGというほどではありませんが、あまりにまつ毛が目立っていると、近寄りがたい雰囲気を感じてしまう男性も。

女子は、毎日自分の目元を観察しているため、物足りなさを感じやすいですが、男性的には、ある程度瞳が輝いて見えればOK、やり過ぎは厳禁です。

鳥なの? カラフルアイシャドウ

普段みなさんは何色のアイシャドウを使っていますか? ラメやパールで光り方をコントロールするなど、こちらも、目の印象を決める大切なメイクですよね。
でも、あまりもカラーにこだわると、うっかり飾りすぎてしまうことも……。

男性ウケだけを考えるならば、ビビッドカラーは避けるのが無難。ナチュラルに見えるブラウンやベージュ系なら間違いないでしょう。ただし、濃い色の塗りすぎにもご注意です!

舞台役者!? やりすぎシェーディング

欧米人と比較して顔の凹凸が少ない日本人。シェーディングを活用している方も多いのではないでしょうか?

シェーディングで陰影をつけるのもほどほどにしないと、「ど、どうしたの……? いまから出番なの?」なんて、舞台メイクを思わせてしまいかねません。

遠目から鏡で見て、違和感がないよう確認しておきましょう。

油出てるよ? テカテカハイライト

くすんだイメージに拒否感が強すぎるあまり、ハイライトを強くしていませんか? 撮影をするわけではありませんので、ツヤ肌もほどほどが無難です。

“ハイライト”の存在を知らない男性からすると、「テカっている」とみなされてしまいます。実際に「今日テカってない?」と指摘されたことがある女子も……。

また、小顔にしたいと意識しすぎて、ハイライトを強く入れてしまうのも注意です。

実際には正面からだけでなく、いろんな角度から見られることも考えて! メイクもほどほどが1番です。

おわりに

メイクをするときは、鏡の前の自分だけに注目しがちですが、実際は正面だけではなく、上下左右から見られていることもお忘れなく。

やり過ぎに注意して、メイクが完成したらいろいろな角度から確認を。男性ウケも考えてチェックしていきましょう。

(橘遥祐/ライター)

(愛カツ編集部)