彼女がうざい

付き合いが長くなってくると、だんだんと相手の欠点が見えてきます。

最初はかわいく見えたけどやっぱりうざいとか、だんだん気になってきてとうとう我慢できなくなるとか……。

そこで今回は、どんな行動がうざいと思われてしまうのかを男性目線から解説。心当たりがあるならば要注意です。

彼女がうざい

好きかどうか繰り返し聞く

彼氏のことが好きだからこそ「私のこと、好き?」と聞いてしまうもの。その気持ちよ~くわかります。でも、それが何回も繰り返されるとどうでしょう? 逆に、同じ行動を彼にされたら……うっとうしくなりませんか?

もし不安に思うならば、「私のほうが絶対好き!」という言い回しをした方が良いかもしれません。男性の負けず嫌いな気持ちをあおって「俺のほうが好き!」と、言わせることができるかも!

また、好きかどうか不安になったときには、その原因を探してみましょう。最近連絡が途切れがちとか、スキンシップが少ないとか、あなたが不安になる原因がきっとあるはずです。

原因がわかったら、そうなってしまった理由を彼に直接聞いてみてください。好きかどうかを聞くよりも、断然、不安な気持ちを解消できるはずです。

極度のかまってちゃん

好きな人にはかまってほしいもの。それは当然ですが、彼氏だって、ずっとあなたにかまっている時間はありません。だって、仕事をしていたり、学校に行ったりしているわけですから……。

でも、寂しいものですよね。ひとつの方法としては「○日って、空いてる?」と先に彼氏の予定を確保する癖をつけるといいかもしれません。また、遠回しにかまってほしいという気持ちを伝えるのも◎。

「最近忙しそうだけど体調大丈夫? 私が癒してあげようか?」とか、冗談みたいな感じで伝えると、気遣っているニュアンスで「かまって!」を伝えることができそうです。

このほか、自分で趣味を見つけるとか、友達と遊ぶとか、そうやって寂しさを紛らわせるほうが、長い目で見ればお付き合いは続くもの。うざい「かまってちゃん」にならないよう気をつけましょう。

ヤキモチを妬く

ほかの女性と話すだけでイライラしたり、彼を責めてしまったりしていませんか? たしかに「そんな女に構うくらいなら、私に構ってよ!」と言いたくなる気持ちもごもっとも。

それをヒステリックに彼氏を責めるとか、泣くのは、うざいと思われる典型。かわいくヤキモチを妬いていると伝えられれば、うざいと思われるのではなく、この子かわいいなに変わるはず。「あの子ばっかりずるい!」ってちょっとすねてみるとか、方法はいろいろありますから、怒りをぐっと我慢して、ヤキモチの妬き方を考えてみましょう。

おわりに

人は、他人の良いところよりも、悪いところを見つけるのが上手なもの。でも、それで彼氏の気持ちが離れてしまっても自業自得。あなたも自身の行動を見直して、ご機嫌な恋愛ライフを! 彼氏の立場を考えれば、そう難しいことではないはずです。

(秋佳 珠/ライター)

(愛カツ編集部)