ウザい説教男

見た目も条件も悪くないのに、女性から見ると「あの人は無理」と言われてしまう男性。

いったい何が問題なのでしょうか。

筆者が見かけた「ここを直せば付き合えるのに」というちょっと残念な男性と改善ポイントを解説します。今回は「説教男」です。

ウザい説教男

いつも上から目線「だからお前はダメなんだ」

「2回めのデートを誘っても断られる。あんなに楽しそうにしていたし、ご飯も奢って駅まで送ったのに、何が悪かったのか分からない」

と、お悩みのMさん(35歳/男性/アパレル関係商社勤務)のケース。

紹介した女性に聞いてみると

「ちょっと会社の愚痴を言ったら『君の給料を払うために会社はいくら稼がないといけないか分かってる?』と説教された。自分が社長でもないのにお前が言うなって感じ」

「Mさん、ジム通いにハマってるらしく私が『すごいですね。私三日坊主でジム通いは続かないので尊敬します』って褒めたら『意思が弱い』とか『目標達成のためには逆算思考で動かないと』って馬鹿にされてイラッ」

「あの人に会うと怒られるから嫌だ」「説教がウザい」という意見が挙がってきました。

説教=愛情の表れ、とカンチガイ

説教男

Mさんによくよく話を聞いてみると、どうも説教=コミュニケーションだと勘違いしている様子。

根はそれほど悪い人ではないのですが、女性との距離感がうまく掴めていないようです。

会社の上司でも、いつも怒ってばかりで部下から評判の悪い人って見たことありませんか?

あれって「相手のためを思って間違いを正してあげてるのに、何で理解されないんだろう」と本人は思っていたりするんですよね。

だから、本人の言い分は「相手のことを本気で心配してなかったら何も言わない」ということなんですが、これって女性には全然通じないうえに反感を買います。

メンヘラタイムの時は気を付けて

ただ、筆者は思うのですが日本の学校教育を受けて普通に育つと「人のアドバイスは聞かなくてはいけない」「目上の人、年上の男性には従うべきだ」という感覚が染み付いてしまっています。

「説教されるの嫌だな」と思っていても、その場に適切な反論がスッと口から出てこないんですよね。

ただ、この手の説教男さんのやり口。強気な女性には通じませんが、一定の層の女性には刺さってしまうんですね。

いわゆる“ちょっとメンヘラ気質のある女子”がターゲットになりやすいのです。

メンヘラ女子

心が弱っているときは、説教男が頼りがいがあるように見えてしまうこともあるので、気をつけてくださいね。

何も言わないで笑顔でニコニコ聞いてしまう女性が多いからこそ、説教男さんは自分がモテない理由に気づかないまま年を重ねていくし、女性の側もストレスが溜まる一方です。

「違うな」と思ったけど、それでダメになるのが惜しい男性なら、「それはちょっと違うんじゃない?」とやわらかめに言うのもアリかもしれません。

そうしていったほうが世の中から「勘違い説教男」さんが減っていくのではないでしょうか。

(上岡史奈/ライター)

(愛カツ編集部)