社内恋愛向き

毎日のように顔を合わせて一緒に仕事をしていれば、恋が生まれるなんてことも……。

好きになった相手は職場の人。そんなあなたは社内恋愛をうまく進めることができるでしょうか?

12星座別に社内恋愛がうまくいく女性をランキングしてみました。

社内恋愛向き

2位~12位の順に、そして最後に1位の発表です。

●2位 山羊座(12/22~1/19)…確実に愛を成就

地味にコツコツと仕事を遂行する山羊座。社内恋愛でも、確実に愛を成就させるために慎重に行動します。

また、相手の立場を考えて行動するので、彼が別の女性と話をしていても「仕事だから」と気にしません。彼も安心して仕事ができるのです。

●3位 牡牛座(4/20~5/20)…我慢強い

社内恋愛

五感を大切にする牡牛座。職場を居心地良くするために、要らないことは言いません。社内恋愛を公言して雰囲気が変わるのが嫌なのです。

我慢強いため、恋愛を秘密にすることも苦になりません。ただ、嫉妬深いので彼の動向は気にするでしょう。

●4位 天秤座(9/23~10/23)…メリハリ有

社内で彼を見かけても、知らんぷりができる天秤座の女性。彼以外の異性とも、ざっくばらんに話をするので「彼氏いるのかな?」と思われることも多いでしょう。

プライベートではちゃんと彼に甘えますから、メリハリがあって彼も新鮮に感じます。

●5位 水瓶座(1/20~2/18)…仕事をやる

何かに夢中になると、デート中でも恋人の存在を忘れてしまう水瓶座。自分に正直な行動は、社内恋愛でも変わりません。

彼が目の前にいても「やるべき仕事をやる」のです。その姿に、周囲にいる人はまさか社内恋愛しているとは思わないでしょう。

●6位 獅子座(7/23~8/22)…注意深い

何かと目立ってしまう獅子座。華やかで恋多き女性と思われているだけに、社内でも動向に視線が集まります。

そのことを自覚しているため、社内恋愛では慎重。また、陰口や噂話をされるのがイヤなので、なおさら注意深く行動するのです。

●7位 蠍座(10/24~11/21)…社内恋愛上手

社内恋愛

控えめで情の深い蠍座。普段から静かで考えを内に秘める傾向があり、社内恋愛も上手にこなせます。

ですが、情が深い=嫉妬深いところがあるため、彼をつい目で追ってしまったり、他の女性と話をしているだけで「浮気?」と気になったりして、仕事が手につかなくなるのです。

●8位 牡羊座(3/21~4/19)…未来を考える

正直者の牡羊座は、隠しごとをするのがキライ。ただ、それが社内恋愛であれば話は別で、恋愛の先にある未来を考えた行動をするのです。

ただ、相手が「社内だから」と素気ない態度を取った場合、ちゃんとフォローしてくれないと、すぐに不機嫌になるでしょう。

●9位 双子座(5/21~6/21)…カミングアウト

コミュニケーション力の高い双子座。特に女性は話題も豊富で、話し上手です。ついつい恋愛話に花が咲き、思わず「実は」とカミングアウトしてしまいがち。

また、彼がその場にいても気にせずに男性社員と仲良くするので、彼が嫉妬してモメることも。

●10位 蟹座(6/22~7/22)…ミスが増える

社内恋愛

愛情深い蟹座の女性。かいがいしく彼を世話したい気持ちがつい出てしまいます。仕事をしていても彼のことが気になり、結果としてミスが増えることになるでしょう。

恋愛が深まるにつれ仕事への集中力がなくなるため、まわりからヒンシュクを買いがちです。

●11位 射手座(11/22~12/21)…特に何も

射手座は、社内恋愛だからといって特別なことはしません。職場では、恋人は存在しないかのような態度です。

前日彼とケンカしていたとしても、職場で続きをするとか、愛想が悪くなるということもありません。彼は「本当に自分を好きなのか?」と不安になるでしょう。

●12位 魚座(2/19~3/20)…社内でデート

恋人とはいつも一緒にいたい魚座にとって、社内恋愛は「彼と一緒にいられる場」です。

デート気分でお弁当を作って「一緒に食べよう」と誘ったり、仕事も手につかずに目線はいつも彼。周囲にバレバレな上、彼も「いや、ここ職場だし」と困ってしまうのです。

●1位 乙女座(8/23~9/22)…現実的

現実的な考え方ができる乙女座。社内恋愛は下手に周囲に知られてしまうと、お互いの立場や社内環境を壊すことが多いと考えるため、静かに愛を育てるのです。

寿退社や結婚の報告をした時に、はじめて周囲が「そうだったんだ」とびっくりすることも。

●さいごに

いかがでしたか?社内恋愛はいつでも恋人が近くにいて嬉しいものですが、星座によって恋愛気分で浮かれたり、隠し通したりいろいろですね。

でも、基本的には浮かれていてはいけません。公私のケジメが大切なのです。

(マーリン・瑠菜/占い師)

(愛カツ編集部)