恋をフェードアウトで終わらせる男の特徴

出会いがあれば別れもありますよね……。

恋の終わりというのはカップルそれぞれですが、男子の中にはサヨナラを告げずにスーッと消えていく“フェードアウト男”もいます。

彼がフェードアウトするタイプかどうかなんて、恋の終わりにならないとわからないと思うかもしれませんが、実は交際前にわかることも。

そこで今回は、恋をフェードアウトで終わらせる男の特徴についてご紹介したいと思います。

恋をフェードアウトで終わらせる男の特徴

恋愛初期に一人で盛り上がるタイプ

筆者の経験上、恋愛初期にこっちとの温度差を無視して一人で勝手に盛り上がってしまう男子の多くはフェードアウトでした。

勝手に好かれ、一方的にアプローチされ、サプライズで告白され、押しに負けて交際が始まったら徐々に彼の熱も下がっていき、終いにはフェードアウト……というのが3回。

まぁ、相手の気持ちも考えず必死にアプローチする男子って、そもそも自己チューです。

なので、恋の終わりも自分の気持ち次第で勝手に終わってしまうのでしょう。

ついでに、相手の気持ち、相手との温度差を無視してアプローチする男子は、こぞってナルシストでもありましたね。

うぬぼれて、他人のことを考えられない男子は、サヨナラが言えないタイプなので要注意です。

はっきりモノが言えないタイプも逃げやすい

普段からはっきりモノが言えないタイプも、サヨナラが言えない人が多かった気がします。

優柔不断というか……自分が不利になりそうになると無言になったり、ほとぼりが冷めるまで姿をくらますようなずるさがあるタイプは、サヨナラも言わず消えますよ。

筆者の元カレで、普段はやさしいのですが、あまり本音を言わず、困ったことがあるとメールの返信はしない、電話をかけても出ない……という殻にこもりがちな人がいたのですが、やっぱり最後はフェードアウトでしたね。

連絡が取れなくなって3ヶ月くらい経った頃にひょっこり「元気?」って、メールがきました。
当然無視しましたが……。

不利な状況になると黙り込む、ほとぼりが冷めるまで姿を消す、というのは付き合ってみないとわからない姿ではあります。

もし意中の男子と学校や会社が一緒で、なにかあったときに黙り込む、数日姿を消すことがあるなら、気をつけたほうがいいかもしれません。

そもそも告白なしで始まった恋はフェードアウトになりやすい

そもそもですが、告白なしで始まった恋というのは比較的、フェードアウトしやすいです。

都合が悪くなれば『そもそも俺たち付き合ってないし』といいはじめ、スーッと姿を消す男子もいますよ。

「連絡無くなった=別れ」と受け入れられる女子なら、告白なしの交際でもいいかもしれません。

しかし、連絡が無くなった時に『ただ怒ってるだけ? それとももう終わり? どっち?』と悩んで、落ち込んでしまう女子なら、告白なしの交際はおすすめません。

年齢を重ねると、告白なしで交際がスタートすることもあるでしょう。

ですが、こういうときのためにも、告白する(される)なりして、白黒はっきりつけておいたほうがいいかもしれません。

不誠実な男子に要注意

フェードアウトで恋が終わるって、ちょっと後味が悪いですよね。

最後の最後で、相手の不誠実さを感じイライラしてしまう人もいるでしょう。

そうならないためにも、フェードアウトしそうな男子にはご注意ください。

(美佳/ライター)

(愛カツ編集部)