男友達

恋人をつくりたいと思った時、男友達を最初に恋愛対象から外してしまっているという人はいませんか?

すでに出会っている相手で恋愛に至らなかったのだから、これからも恋愛に発展することはない……。

そう考えているとしたら、もう一度振り返ってみて。今回は男友達を恋人にしたエピソードをご紹介します。

男友達

1:束縛されない

「男友達と恋愛することはないと思っていたんですよね。もちろん、彼氏と別れて久しぶりの独り身ってことで友人達と思いっきり遊んでたんですけど。

そしたら、ふとこんな関係も悪くないなって。束縛とかもないし、このままの関係で付き合えるんだろうなって」(Kさん/27歳女性)

Kさんは一緒に遊んでいたグループの男友達と仲良くなり、ある日告白されてOKしたそうです。

昔の彼は結構束縛の激しい人だったらしく、今は友人達のグループで旅行をいったりして楽しんでいるとのこと。

2:気を遣わない

「ずっと居心地のいい関係だったり、気を遣わない関係を望んでたんですよね。お互いに冗談言い合っている男友達がいて、こんな関係がいいなって。

でもある日、だったら彼でいいじゃんってことで“私のことどう思ってる?”って聞いて探りを入れてみましたね」(Sさん/28歳女性)

以心伝心という言葉があるように彼の方も「こんな関係が理想的」だと思っていたそう。

彼女の方から「付き合ってみる気ある?」といったようにストレートに迫ったところ「俺もそうしたいと思ってた」と返ってきたそうです。

3:すでに信頼関係ができている

「お互いに恋人がいて、恋愛対象ではなかったんですよね。でも、同じタイミングで失恋して慰め合っているうちに、そういえば自分のことを1番分かってくれているのってじつは彼なんじゃないかって思って付き合い出しました」(Mさん/25歳女性)

相談をしたり励まし合ったりしているうちに恋愛に発展するというケースは良く耳にすることでしょう。

信頼関係がすでにできている分、一から関係を作る手間が省ける上にお互いのことを分かっているから付き合いが楽なのだとか。

4:共通の話題や趣味が合う

「新しく出会いの場にいって恋愛してっていうステップを踏むのがめんどうに感じたんですよね。趣味があう仲間なんて趣味友達がいるし。

てことで、失恋したことをきっかけに男友達を見回してみたわけです。共通の話題もあるし趣味も合うしで、良い関係が築けてますね」(Oさん/29歳女性)

共通の話題があって趣味の合う相手と付き合いたいという人もいることでしょう。

しかし、そういった相手を見付けるのは難しいはず。なら、趣味の合う男友達に目を向けてみるといいかもしれませんよ。

おわりに

いかがでしたか?

今回は男友達が恋人になったエピソードをご紹介しました。

友人という関係を壊すのが怖いといった人や彼にその気がないはずなんていう人もいることでしょう。

そんな時は「飲みに行こうぜ」なんて気楽に誘って探りを入れてみるといいかもしれません。

(草薙つむぐ/ライター)

(愛カツ編集部)