長文LINE

好きな男性とのLINE楽しいですよね。

彼とつながっていたかったり、自分のことをもっと知ってもらいたかったりの理由から、ついついLINEが長文になってしまうという女性もいるかもしれません。

でも、「長文LINEは重い!」と感じている男性が多いのも事実。

とはいえ、どうしても長文LINEになっちゃう!という女性のために、今回は長文LINEでも重くならないコツを3つご紹介。

すぐに試せる簡単なテクなので、実践してみてくださいね。

長文LINE

質問は1つに絞る

「彼女がね……長文LINEのクセがあるんですよね。朝から「今朝何たべた?私はホットケーキ。ランチには友達とカフェに行く予定だよ。○○君の予定は?ところで今度のデートはどこに行く?」などなど。どの質問に答えたらいいのか分からない」(23歳/営業)

既読スルーされがちな長文LINEの特徴は、質問の多さにあるようです。

質問がたくさんあると、どれに答えてほしいのか分からなくて返信できないという男性もいるようです。

たとえLINEが長文になっても質問は1個まで!と決めて送りましょう。

長文LINEよりは話題を区切って連投にする

「長文LINE重いっすよね。来た瞬間読む気なくす。連投の方がまだマシ」(30歳/撮影業)

ひとつのLINEの中に話題がたくさんあるよりは、話題毎にLINEを区切って連投された方が読みやすいという意見も。

でもあまりに連投が多すぎても返信しにくいので気を付けて。彼の反応を見つつ、調整してみましょう。

長文LINEを送ったあとは、返信がくるまでLINEを送らない

「LINEよりメールの方が好き、と公言していた彼女。LINE交換し始めてからも、メールみたいな長い文面ばかり送ってくれます。でも、僕が返信するまでLINEはこないんで重たく感じないんですよね」(35歳/出版)

たとえ長文LINEでも、メールで送るような起承転結のあるような文章だったり、相手からの返信がくるまで新しくLINEを出さなければ、そう重くは受け取られないようですよ。

長文LINEの方が好きという人は、チャット感覚でLINEを使うのではなく、メールのような感覚で利用してみては?

長文LINEを送る前に文章をよく見直してみて

思ったまま書き連ねていくと、長文LINEになってしまいがち。

相手に送る前に、自分の書いた文章をよく見直して、質問は一つに絞ったり、話題ごとにLINEを分けるなどしてみましょう。

長文LINEでも相手が理解しやすく、返信をもらいやすくなるかもしれません。

(愛カツ編集部)