襲いたくなる

お泊まりデートで濃密な夜を過ごした翌朝。甘い余韻も冷めやらぬまま、朝の光の中でもう一度昨夜の続きを楽しみたい……。

でも、朝っぱらから「エッチしよ」なんて誘えない!そんなときは、彼の方から襲ってくるように仕向けましょう。

さて、お泊まりデートの翌朝、どんなタイミングで男は再び狼に変身するのでしょう?

襲いたくなる

いい香りがしたとき

「隣で眠っている彼女の髪から、シャンプー香りが。そっと髪に鼻を近づけると、すごくいい香りで、なんだかそこに女の子らしさを感じてムラムラ……。そのまま彼女を愛撫して、朝から1回戦突入しちゃいました」(26歳/金融関係)

女の子特有のいい香りに思わず興奮してしまう男性は多いもの。前日はいくら眠くてもしっかりと汗を流して、できればボディクリームを塗ったり、ほのかに香る程度に香水をつけて眠ってみて。

いい香りに包まれて目覚めた彼は、きっとあなたをたまらなく欲しがるはず。余裕があれば彼より早起きして、歯を磨くなどブレスケアをしておけば完ぺき。

寝言を聞いたとき

「僕の家に泊まりに着た彼女。翌朝、僕の方が早く目が覚めたんだよね。彼女、ぐっすり眠ってるから起こすのも悪いな、と思って寝顔を見つめていたら『○○くん、好き♡』って僕の名前を寝言で言ったとき、感動と愛おしさがこみあげてきて思わずキス。そのまま愛し合っちゃいました」(24歳/会社員)

「え~!!その彼女、ぜったい寝たふりでわざとだよ!」って言いたくなる気持ちはよくわかります、はい。私も絶対演技だと思います。

でも、演技でいいんです。世界中の人たちに演技だとバレバレでも、彼さえだませたらいいんです。

そして、結構男性はだまされてくれるのです。「好き♡」でも「愛してる♡」でも寝言のフリで甘いセリフを言っちゃいましょう。

触られたとき

「僕に抱きついて眠っていた彼女。朝起きると僕の下腹部がなんだか温かい。偶然にも眠ってる彼女の手が僕のアソコを触ってたんです。こうなったらもうダメですよね。朝から理性がふっとんじゃいました」(27歳/IT関係)

「いやいや、これもわざとでしょ……!」そうですよね、そう思っちゃいますよね。でも、これもわざとでいいんです。

偶然を装って彼を直接的に刺激する、これもじゅうぶん使える手なんです。朝から愛し合いたいあなた、寝たふりして彼の下腹部に手を伸ばしてみましょう。

上手に演技することが大切

彼を上手く狼に変身させるには、あなたの演技力と準備が大切。とうぜんですが、彼よりも早く起きておくことがポイントです。

あとは寝たふりをしながら、彼を刺激させる演技をしてみて。男性って意外と単純。案外ころっとだまされてくれるものですよ。ぜひお試しあれ。

(愛カツ編集部)

彼氏ともっと愛を深めるには…?

●セックスでわかる!彼からの「愛されている度」診断

●彼女からしかける!?男子の憧れ「襲われシチュエーション」3つ

●盛り上がり方が断然変わる!男性が興奮するエッチの前のひとこと