男子って彼女に「癒し」を求めている場合が多いもの。

そのためほんわかした空気をまとっている女子って、年齢関係なくモテますよね。

またその逆で、雑なイメージがある女子は、男子から敬遠されがちです。

そこで今回は「一緒にいると疲れが倍増する女子の特徴」についてご紹介します。

疲れ倍増

1、声が大きい

・「近くにいるのにびっくりするような音量で喋ってくる子。耳がキーンとなって疲れます」(30歳/営業)

ハキハキ喋るのと声が大きいのって、似ているようで違うもの。

耳元で大声を出されてしまうと、男子も「もうちょっとボリューム下げて!」と思ってしまうようです。

とはいえ「うるさい」と注意するのって、なかなか勇気がいりますよね。

結果「この子とはあまり関わらないようにしよう……」と疎遠になるケースが多いみたいです。

2、常に一緒に行動したがる

・「コンビニに行くのさえ、着いてきたがる元カノがいました。自分の時間が削られている気がしてストレスでしたね」(33歳/販売)

もちろん中には「常時共に行動したい派」の男子もいますが、それはほんの一握り。

男女問わずたいていの人が仕事で疲れていますし、ある程度自分の時間が欲しいもの。

それなのにどこへ行くにも彼氏と一緒じゃなきゃ嫌だという女子に、身も心も疲れてしまいます。

「俺の気持ちも少しは考えてくれ!」と思ってしまうのです。

3、自分語りが好き

・「延々と自分語りをしている女子に疲労感が溜まる。俺が話を変えようとしても、『それでさ~』と自分の話に持っていくところはある意味すごいなと思うけれど……」(27歳/IT)

人に話を聞いてもらえればそれだけでストレス発散になりますが、その一方で相手は疲れを感じているかもしれません。

特に自分に関係のない話って、やっぱり興味が持てないものです。

彼が優しいからと言って一方的に喋り続けてしまうと、ある日音信不通になってしまうかもしれませんよ。

4、何事も深刻に捉えがち

・「冗談も真剣に受け取られてしまうと、この子には気を使わなきゃいけないなって思いますね。言葉を選んで話さなきゃいけないので、割と適当タイプな俺は疲れてしまいます」(29歳/美容師)

心配すべきところは心配して良いのですが、冗談まで真に受けてしまうと「笑いが通じない」と思われてしまうことがあるようです。

何事も深刻に捉えるのではなく、サラッと受け流すことも時には必要!

その方が彼だけじゃなく、自分もラクに生きられるはずですよ。

おわりに

男子に依存しすぎてしまうと、彼らも重荷に感じ「一緒にいても疲れる」と思ってしまうのかも。

自立をすることが、愛される女子になるひとつの方法なのかもしれませんね。

(和/ライター)

(愛カツ編集部)