初対面

初対面で気になった彼。LINEの交換をして、そのあとお付き合いに発展できたら……。

けれど、どうしたら彼を振り向かせて、今後もデートしたり、お話したりできる関係になることができるでしょうか?

今回は、彼に嫌がられず、上手に意中の彼を射止める方法を伝授します。

初対面

たくさんの共通点を見つける

気になる彼には、とりあえず向こうにも少しはこちらに気になってもらわなければなりません。

そのとき大切なのは相手の印象に残ること。相手の印象に残らなければ、恋愛までなかなか発展できません。

そのためにも、彼との共通点をたくさん探して共有するようにしましょう。例えば、住んでいる場所や地元が近い、職場が近くてよく行く店が一緒、好きなゲームや苦手な食べ物が一緒……などなど。

特に出会ったときは、互いに確認するように共通点を挙げておくことが効果的です。人は自分に興味のないことは記憶に残らないもの。

自分と同じものが好きな人、同じものが嫌いな人は理解しやすいので、自然とあなたを思い出すきっかけになります。

自然な理由をつけてLINEを交換する

初対面で気になった彼と、その後いつでもまた会えるとは限りません。

特に出会いが合コンなどでは、二度と会わなくなることも……。関係は切れてしまうとそれまでです。

何らかの方法で関係をつなぎ留めておくためにも、LINEは何としてでもゲットしましょう。

その際、軽い感じで、自然な理由をつけて交換をお願いするのがベストです。

例えば、みんなの集合写真を撮って、後で送るから、グループLINEを作ろうなどといって交換するなど、無理のない流れで交換しましょう。

あまりに切羽詰まった感じで聞くと、向こうも構えてしまって「ガツガツした人」という印象を与えてしまいますよ。

グループLINEでも自分のことを印象付けておく

LINEを交換できたら、今度は自分のことをたくさん話すようにしましょう。

誰でも知らない相手にはガードが堅いものです。グループLINEでもなんでも、たくさん自分のことをアピールすることで、相手はそのうち知っている人という認識になるはず。

また、一度の飲み会だと、顔と名前が一致していないこともありますので、グループLINEでも「◯◯です。今日はありがとうございました!」と、ちゃんと自分の名前を伝えましょう。

意外と文字の力は強くて、インターネット上の出会い系サイトで話しただけの相手が結婚まで発展するほど、お互いの親密感は深まるものです。

グループLINEが盛り上がっていれば、きれいに撮れている写真なども頻繁に送ってみましょう。そのうち、彼にとって“知らない人”から“知っている人”に格上げされるでしょう。

そうなったら、時期は熟しました。いよいよアタックです。個人的にLINEで会話してみましょう。

その時も、いきなりデートは禁物。少しずつ距離を縮めて、お付き合いに持ち込むようにしてくださいね。

相手の気持ちが高まるのを待とう

意中の相手と早くお付き合いしたい気持ちがあなたにはあっても、相手はまだそれほどの気持ちを持ち合わせていないかもしれません。

二人の温度差があるとなかなか恋愛関係にまでは発展しないものなので、相手の気持ちがしっかり高まるのを待ってからアタックするようにしましょう。

(如月柊/ライター)

(愛カツ編集部)