夢中になってしまう年上彼女の特徴

今やめずらしくない、年下彼氏と年上彼女のカップル。

ただし、年下の男性とのお付き合いにはむずかしさも多く……。

年下彼氏が思うような理想の年上彼女になれないと、短いお付き合いになってしまうこともあるようです。

年下彼氏の心をつかんで離さない年上彼女の特徴とは。
あなたも意識して、長続きカップルを目指しませんか?

夢中になってしまう年上彼女の特徴

大人ぶらない

年上彼女がついついやりがちなのが、大人ぶって年下彼氏をこども扱いしてしまうこと。

年下であってもいい大人。
男性としてのプライドを持っています。

とくに「私のほうが、社会人経験が長いから」「わかったようなこと言わないで!」といった態度は、年下彼氏のプライドを傷つけるだけではなく、過保護な母親のようなイメージを与えてしまうのです。

年上だからといって、見下した態度に要注意。

対等な目線で、男性を立てる気持ちを忘れないことが、居心地のよい年上彼女になる秘訣です。

年齢をコンプレックスに思わない

彼と年の差があると、自分はおばさんだから……と自信をなくしてしまう気持ちもありますよね。

でも、年齢がコンプレックスということは、それだけ年の差を気にしているということ。

若々しさをキープする努力は大事ですが、若さに執着したり、年の差を気にしすぎたりする姿は、男性にとってけっして美しい姿とはいえません。

彼女ということは、いまのあなたを受け入れているということ。

年齢にかかわらず言えることですが、いまの自分に自信を持ち、彼の気持ちを信じる前向きでいることが大切です。

恋愛以外にがんばるものがある

ちまたでよく言われるモテ条件のひとつに、恋愛に執着せず、趣味や仕事をがんばるいわゆる「自立した女」が挙げられます。

とくに年下彼氏の場合、この自立した女であるということも、重要視されるケースが多いようです。

おなじ結果でも、相手の期待の度合いによって評価は大きく変わります。

年下彼女が恋愛依存だった場合「まだ若いから仕方ないか」と許されても、年上彼女の場合は、「アラサーなのに子どもっぽい価値観だな……」と、愛がさめる原因となってしまうのです。

自立している女性を期待している大前提があるからこそ、それに応えてあげることも役目のひとつ。

仕事をがんばる、趣味を楽しむなど、恋愛に執着しない生活を意識しておくといいかもしれません。

知識と頼もしさがある

上から目線はイヤでも、しっかりした彼女を求めている男性は多いもの。

生活していくうえで必要な知識やマナーを身に付けていたり、教養があったり。

「結婚式には、こっちのネクタイがいいかな?」「50代の人なら、この手土産が喜ばれるかも」と、役立つアドバイスがさり気なくできると、頼れる自慢の年上彼女に近づけます。

意見を押しつけるのではなく、いい情報を教えるといった感覚がポイント。

また、小さなことに動じず、彼が困っている状況でも「私がいるから大丈夫」と肝のすわった態度で、魅力ある頼もしさを見せていきましょう。

甘え上手で甘やかし上手

ふとしたときに甘える、年上彼女のギャップにやられる年下彼氏も多いようです。

年上だろうが年下だろうが、素直に甘えてくる姿は、男性にとってたまらないもの。

そして、それとおなじくらいの配分で、年上だからこその包容力を見せてあげてみて!

機嫌がいいときや、部屋でふたりだけの時間を過ごすときには、素直に甘える。

彼が疲れているときや、友達といるときは、彼を甘えさせるなど、そのバランスが大切です。

おわりに

年下彼氏を夢中にするコツは、年齢を気にせず“芯のある女性”になること。

心の強さは、他人に優しく、愛情深い人になることにつながります。

きっと彼は、「年上だから」ではなく「あなただから」彼女に選んだはず。

彼に選ばれた女性であるという自信を忘れず、凛とした大人女子の魅力を磨いていきましょう。

(白藤やよ/ライター)

(愛カツ編集部)