長続き

言葉の力は案外強く、よっぽど自分の気持ちとかけ離れている言葉でない限り、そう言われるとそんな気がしてくるものです。

長続きするカップルに必要なのは「安心感」。そこで今回は、一緒にいるとホッとできる相手だと、彼に意識してもらえるための、魔法の言葉を5つご紹介していきましょう。

長続き

「まったりするね」

このセリフは、コーヒーを飲んだときや、ほっと一息ついたときなど、本当に「まったり」している瞬間に使うのが効果的。

その瞬間にまったりしていることは事実なので、あなたとリラックスできる時間を共有した、ということを彼が意識します。

そして、機会があるたびにこのセリフを口にすると「この子といると、リラックスできる時間が多いな」という実感に。

たった一言の繰り返しが、彼の「落ち着く」という気持ちに繋がるのです。

「同じだね」「お揃いだね」

自分と同じ趣味の人や、同じものを持っている人とは仲良くなれそうな気がしますよね。人は、自分と感覚の近い人に、安心を覚えるもの。

ただし、このセリフは使うタイミングが限られます。たとえば、彼が「オムライス」を頼んだあとに「私も」と頼んでも、それは作られた状況に過ぎません。

彼と自分の服が同じ色だった、タイミングをずらしてオーダーしたドリンクが同じ種類だったなど、わざとらしくない範囲で、たまたま揃った瞬間に使うのが効果的。

ただの偶然だったとしても、彼の中では「似たもの同士」と意識されるのです。

「いいと思うよ」

自分の意見を真っ向から否定してくる人とは仲良くなれません。「でもそれって……」「そうかなぁ」と言われるより「いいと思うよ」「そうだね!」と言われるほうが、心地いいですよね。

もちろん、同意できないときに嘘をつく必要はないので「なるほどね~」「そうかもしれないね」と濁しておけばOK。

ポイントは「いつも俺の意見否定してくるよなぁ」と感じさせないこと。

彼の話が、自分にあまり関係のない話題だったり、どちらでもいいと思うような話題だったりするなら、ひとまず「いいと思うよ」と、肯定しておきましょう。

「大丈夫。なんとかなるよ」

デートのときに道を間違えたり、予約ができてなかったりと、彼がちょっとした失敗で焦っているときに、どんな言葉をかけていますか?

「なにやってんのよ」と責めるのはもちろんNG。彼の焦りやイライラを増長させてしまいます。

「気にしてないよ」という言葉も、彼自身が既に気にしているので、安心感には繋がりません。

そんなとき「大丈夫。なんとかなるよ」という言葉は、一見なにも解決していないようにも見えるのですが、こちらが落ち着いていることを伝えられるので、彼もホッと落ち着くことができるもの。

しかも「あなたの言葉で、落ち着くことができた」という体験として残るので、あなたの印象がだんだんと「安心できる人」となっていくのです。

なにげない瞬間に伝える「好き」

なにかをしてもらったときの「好き」は、「条件付きの愛」と言われています。頑張らないと得られない愛情は、いつか疲れてしまい、長続きしません。

そこで、伝えるべきは「無条件の愛」。頑張らなくても、ありのままを好きでいてくれるんだということを感じてもらいましょう。

ふたりでゴロゴロしているときや、彼がご飯を美味しそうに食べているときなど、気を抜いたなにげない彼の姿に「好き」と伝えてみて!リラックスしている姿を肯定されたことで、きっと彼は安心を感じることでしょう。

おわりに

つまり、ふたりが感じた心地いい雰囲気を、その都度言葉にするだけです。

ふたりの関係は、ふたりで作っていくもの。どんな関係を望んでいるか、どんな関係が心地いいのか、言葉にできるよう、意識してみませんか?

(矢島みさえ/ライター)

(愛カツ編集部)