職場

職場で女性に優しくてモテるような男性が、本命だけにはこれをする(あるいは、しない)というテーマについてお届けしましょう。

職場に好きな人がいて、「その人はわたしのことを本命と思ってくれているのかな?」と不安に思っている女子は必読。

さっそく見ていきましょう!

職場

たいして用がなくても話しかけてくる

優しくてモテる男であっても無理なのが、オフィスにいる「全員」に、たいして用もないのに話しかけること。

そんなことをやっている時間もないし、時間があっても、そんなことをしたら周囲の人に「頭がおかしいのですか?」と言われますよね。

たいして用もないのに彼が話しかけてくる……これは脈ありありです。

チラ見したら目が合う

チラ見したら目が合うというのは、彼もあなたのことをチラ見しているから。

男が女子をチラ見するというのは、その女子のことが大好きだからです。ほかに理由はありません。

食事やお茶に誘われる

男って、好きじゃない女子のことは、絶対に食事やお茶に誘わないんですよね。

理由は好きじゃない女子にお金を使えるほど裕福ではないから。

じゃあ、裕福になれば好きじゃない女子を食事に誘うのか?「まあまあ好き」「押せば付き合えそう」そういう理由で誘うことはあるけれど、まあそれでも「その時は本命(=好き)」という思いがないと、誘わないです。

というわけで、彼に食事やお茶を誘われたら、脈ありと思って間違いないです。

「食事に誘われたんですが、これって脈ありですか?」という相談って多いんです。

そういうあなたのあいまいな態度が、彼の減点方式によって、やがて0点になって付き合えなくしてしまっています。

彼女の小さな変化を言葉にしてくれる

「前髪1ミリ切った?」とか彼が言ってきたら、それは脈あり。

これって、言ってこない男子もいますよね。よほど女子のことに詳しくないと、前髪を1ミリ切ったか切っていないかなんて、気づかないのがふつうの男です。

なので「彼はわたしの小さな変化に全然気づいてくれない。あ~あ、脈なしか」なんて思わないことです。

彼女の小さな変化に気づく彼は脈ありだけど、気づかないからといって脈なしではないのです。

逆もまた真なりが通用しないハウツー!

帰る時間を合わせてくる

彼、ひそかにあなたの行動をチェックしていて「彼女はあと10分くらいしたら退社するかな」というのを見ています。

だから彼は、偶然をよそおって「おっ!君も帰るの?じゃあ一緒に駅まで行こうか」と言います。

もう、脈ありありです。

ちなみに、一緒に駅まで歩いているときに、デートの約束をするのがベター。

「今日一緒に飲みに行ってもいいけど、あさってならもっと早く帰れそう……。飲みに行かない?」

なんて、アポを入れちゃうといいです。

おわりに

いかがでしょうか。

職場で「彼はわたしのことがマジで好きなのかな?」なんてドキドキするのって、なかなかいいですよね。

もっとも、そういう女子は恋愛ホルモンがダダ漏れになっているから「彼」以外のほかの男もあなたにぞっこんだったりします。

だからたとえば、男性社員がセクハラまがいのことをあなたにしてくるなんて目にあうことも。

「君、いつも僕にキラキラした瞳で挨拶してくるから、てっきり僕のことが好きなのかと思ってたよ。な~んだ、ほかの男子社員に恋してるのね。口説いちゃったりして悪かったね!」

なんて言うかん違い社員とかいませんか?

こういうのが、狭い社内で恋愛することの負の部分ですよねえ。

(ひとみしょう/作家)

(愛カツ編集部)