NG行動

大好きな彼氏の友達に紹介してもらえると「彼女として認められてるんだな♡」と嬉しく思いますよね。

特に彼氏の女友達と会ったときは「彼の恋人は私!」とアピールしたい気持ちになってしまって必要以上に張り切ってしまう人もいるでしょう。

でも、もしかしたらその行動、彼氏にドン引きされてるかも?

今回は、彼氏の女友達に会ったときのNG行動を3つ紹介します。

NG行動

これ見よがしにイチャイチャしてくる

「10歳年下の彼女。かわいいんだけど、行動が幼い。友達に紹介したくて夕飯会を企画したときになぜかいつも以上にイチャイチャしてきて参った。友人の中に女性もいたから意識してたのかな。

恋人つなぎで手を繋いで歩くのは、2人きりのときだけで良くないか?」(33歳/自営業)

彼氏の女友達や友達に会ったときは、彼氏とのラブラブさをアールしたくて腕を組んだり手を繋いだりしたくなるかもしれません。

でも、目のやり場に困るようなイチャイチャぶりは逆効果。

彼氏の友達に「彼女なんだ」と紹介している時点でラブラブぶりはもう伝わっているので、安心していましょう。

友達に自分のことを根掘り葉掘り聞く

「大学で出会った彼女を幼馴染の女友達に紹介したら『小学生のときってどんな男の子だったんですか?』とか『初彼ってどんな人でしたか?』などそりゃもう根掘り葉掘り聞いてて引いた。女友達も返答に詰まってたの気づいてないのかな」(22歳/学生)

自分が彼氏と出会っていない時期も知り合いだった女友達と会うと、彼の過去を聞いてみたくなるかもしれません。

でも、自分からどんどん質問していくのはNG。話の流れで話題が出てきたとき程度に抑えておきましょう。

親密さアピール?秘密をばらされる

「女友達も含めて俺の友達との飲み会に彼女と参加したとき、彼女が俺のプライベートをガンガン暴露。なんで?俺がパジャマ派とか朝は味噌汁派とか、友達には全然関係ないだろ!」(26歳/営業)

彼氏の女友達に会ったとき、恋人である自分でしか知り得ない彼の情報を口にして、親密さをアピールしたくなるかもしれません。

でも、彼にとっては友達にばらされたくないことも。

恋人でも、お互いのプライバシーは基本的に守り合っていきたいですね。

自信をもって自然体で振る舞おう

彼氏の女友達に会ったときは、彼との仲の良さをアピールしたくて力が入ってしまうこともあるかもしれません。

でも、行きすぎた行動は逆効果!

あくまで自然体に振る舞っておきましょう。

彼氏の女友達からも「素敵な彼女さんだね!」と応援してもらえるようなカップルを目指したいですね。

(愛カツ編集部)