この人こそ理想の恋人……そう思っていたのに、何気ないひと言のせいで彼の気持ちを冷めさせてしまい、破局の危機に!

そんなことにならないように、今回は男性の気持ちが一気に冷める言動について占ってみました。言わないように気をつけて!

●牡羊座(3/21~4/19)…「あの人の方がすごい」

負けず嫌いな牡羊座男子。自分が一番だなんて言うまでもないことで、自信を持って恋人と付き合っています。それなのに「友達の彼はねー」と比べられたり、「あの人の方がすごい」と下に見られたりすると「じゃ、そいつと付き合えば?」と気持ちが冷めてしまうのです。

●牡牛座(4/20~5/20)…「まだなの?」

自分の感性を大切にしたい牡牛座男子。気に入った物に囲まれて、まったりのんびりしたいのです。そのため、デートコースを決めたりメニューを選んだりするのに時間がかかる場合も。そんな時「まだなの?」と急かされると、一気に気持ちが冷めてしまうのです。

●双子座(5/21~6/21)…「わかんないよね」

双子座男子は話し上手。それは、好奇心の強さと豊富な知識があるからです。ひけらかしたりはしないけれど「物知り」という自負があります。なのに「それくらい知らないの?」「わかんないよね」と言われると、「認められてないんだな」と冷めてしまうのです。

●蟹座(6/22~7/22)…「ウザイ」

愛情深い蟹座男子は、付き合っている恋人に注ぐ愛情もとても温かく深いでしょう。ただ、相手を思うがゆえにあれこれ口を出したり、アドバイスをしたりすることが多め。なのに「いちいちウザイ」と言われてしまうと、途端に気持ちが冷めてしまうのです。

●獅子座(7/23~8/22)…「いつもそうだよね」

プライドが高い獅子座の彼は、否定されたり上から目線で責められるのが嫌いです。また、こだわりを持って行動しているので「あなたって絶対に〇〇だよね」と「いつもそうだよね」と言われると、批判されているように感じて冷めてしまうのです。

●乙女座(8/23~9/22)…「男らしくない」

乙女座男子は几帳面です。ハンカチなど、小物にも手入れが行き届いています。もちろん、彼女がハンカチを持ち歩かないなんて考えられませんし、細かなところも指摘しがち。そんな時に「男らしくない」「細かすぎる」と言われると、気持ちが冷めてしまうのです。

●天秤座(9/23~10/23)…「それくらいもできないの」

周囲への気配りができる天秤座。自分では絶対にできないことを頼まれたとき、「無理だ」と判断し、迷惑をかけないように断ったのに「やってくれてもいいのに」、「それくらいもできないの」と言われると「利用しているだけ?」と冷めてしまうのです。

●蠍座(10/24~11/21)…「どうせ私なんて」

心を開いたからこそ、友だちや恋人になる蠍座男子。なのに、ちょっとしたことで「どうせ私なんて」とメソメソしたり自虐的になったり、「どこが好きなの?」と何度も聞いてきたりすると、「(この人と選んだ)気持ちをわかってくれていない」と冷めるのです。

●射手座(11/22~12/21)…「でも」「だって」

思いついたらさっと動く射手座男子。女性にもアクティブさを求める傾向があります。デートで「ここに行こう」と誘っても「でも…」とグズグズしたり「だけど…」「だって…」と言うだけで考えを言わなかったりなど、はっきりしない態度に冷めてしまうのです。

●山羊座(12/22~1/19)…「もういい」

慎重派の山羊座男子。頼まれた時は、じっくり計画を立ててから動きます。「こうしたら効率的かな?」と考えて「まだやらない」だけなのに、せっかちに「もういい。自分でやる」と言われると「だったら最初から自分でやれよ」と冷めてしまうのです。

●水瓶座(1/20~2/18)…「これが普通」

水瓶座は「こうであるべき」といった固定概念が苦手。自分らしさを追求し、常識を気にしないところもあります。そんな水瓶座男子のちょっと変わったアイデアや考え方に「それは普通じゃない」「一般的じゃないね」と言うと、一気に冷めてしまうのです。

●魚座(2/19~3/20)…「期待してないから」

魚座の男子は優しい性格の持ち主。人を押しのけてまで前に出ようとはしないゆえに「意欲がない」「根性がない」と思われがちです。少々自覚があるだけに、「期待してないから」と言われるとダメ押しをされたように感じ、冷めてしまうのです。

●さいごに

いかがでしたか?

言葉には言霊が宿ります。言葉って重いんです。だからこそ、相手の気持ちが冷めてしまうひと言には気をつけたいもの。

たったひと言で?と思わずに、この結果を参考にしみてくださいね。(マーリン・瑠菜/占い師)

(愛カツ編集部)