LINE

LINEを使ったコミュニケーションがかなり浸透しています。

電話やメールよりもLINEを使う、そんな生活に慣れてきているのではないでしょうか。

そういう時代では「恋愛はLINEに始まり、LINEに終わる」と表現することができるかもしれません。

今回は少し変わった切り口にはなりますが「なぜLINEで恋愛が始まったり終わったりしてしまうのか」

このテーマについて考えてみたいと思います。

LINE

1:気軽に連絡できるからこそ、気軽に切られる

昔のように固定電話だけしか連絡手段が無かった場合と異なり、LINE交換がきっかけで何とか食事デートに1回行くことができる、

そんな恋愛を始めるためのきっかけとしてLINEはとても良い位置づけになってきているのではないでしょうか。

その一方で気軽に連絡先を交換できるので「交換した振りをして、すぐブロック」「たくさんの連絡先交換し過ぎて誰か分からず放置、既読にもならない」ケースも非常に多くなってきています。

気軽に交換でき連絡できるからこそ、気軽に相手都合で「切られる」

LINEはそういう面を多く持っています。

LINEは恋の最初のきっかけ作りとしては入りやすいですが、その分すぐに終わり、恋まで行きつかない可能性も高い。

そんな特徴を持っています。

2:一方的に終わらせたい人向け

その気じゃないのに何度もデートをする男子、女子は後を絶ちません。

本命以外にキープしておきたい、美味しい食事をご馳走してくれる、美人やイケメンで一緒にいるとステータスになる……。

恋人でなくとも男女でデートをしたり、定期的に会うことはメリットにつながることが多いからです。

そういった気軽なお誘いをしたい時もLINEは非常に連絡が取りやすいツールだと言えるでしょう。

また、LINEは「恋愛を一方的に終わらせる」ツールとして利用されることが多くなりがちです。

「ちょっと嫌になった」「最近頻繁に会い過ぎて飽きた」「もう恋はやめよう」

そう思った時に、相手からの反応を待たずに「一方的に」気持ちを吐き出しやすい、そんな特徴もLINEは持っています。

必ず返信をしなくてはならないわけではないですし、一方的にメッセージを送った後、ブロックしてしまえば、二度と連絡が届くことはありません。

そういう意味で、恋愛はLINEに終わる、と表現できます。

3:きっかけでしかない

LINEのやり取りだけで恋に落ちることはほとんど無いのではないでしょうか?

実際に人となりを見て、一緒に時間を過ごし、相性などをお互いに感じながら、続けるのか終えるのかを決める。

そういうところはLINEがあろうがなかろうが変わらない部分だと思います。

恋の始まり・終わりを加速させる……そんなツールとしてLINEは活用されています。

しかし恋を成就させる一番の近道は共通の話題や価値観を話しながら、お互いの信頼関係を深めていくというところです。

逆にそういったことをやらず表面上だけのお付き合いでダラダラと時間を過ごしてしまうと、お互いに恋が重要ではなくなってきてしまいます。

そうなると、自然に恋が終わるか、恋自体をする必要が無いという消極的な気持ちになっていってしまうでしょう。

4:入口と出口だからこそLINE活用をしっかり学ぶ

その一方で、LINEはきっかけとして、また、恋を終わらせるツールとしてすぐ使えます。

LINEのやり取りを間違ってしまうと、新しい恋のチャンスを逃したり、恋を一方的に終わらせたためトラブルに巻き込まれてしまう、そんな困った事態へと発展してしまうでしょう。

「恋愛はLINEに始まり、LINEに終わる」

まさにLINEの活用法をしっかり学んで、それ以外の一緒に過ごす時間などにあなたが注力できるようにしていくことが、恋愛成就のための早道なのです。

おわりに

今回のヒントは、いかがでしたでしょうか?

もちろん未来にまた別なコミュニケーション手段が出てくるかもしれません。

しかし、その場合であっても、今回お伝えしたポイントは「恋愛は双方向」という本質的な部分が変わらない限りきっとあなたの役に立ってくれるでしょう。

(お坊さん恋愛コーチさとちゃん/ライター)

(愛カツ編集部)