「クリぼっち」はさびしいことじゃない!

クリスマスといえば年に1回、彼氏と最高のデートをする日……といったイメージがありますよね。

もちろんそれができれば幸せなのですが、現実はカンタンにはいきません。

そのため、さびしさや心のスキにつけ込まれ、かえって悲しい思いをする女性もいるようです。

そこで今回は「クリスマスだからこそ気をつけたいこと」について、あらためてご紹介します。

「クリぼっち」はさびしいことじゃない!

1.「限定彼女」をさがしている人が多い

「クリスマス前にいきなり数人の男子から『24日空いてる?』って連絡がきたことがありました。

1回しか会ったことのない男子もいて、不思議でしょうがなかったです」(26歳/販売)

男性も「クリぼっちはさびしい」とか、「クリスマスに誘ったら誰かしら相手にしてくれるだろう」との思いがあるみたい。

そのため手当たり次第、女性陣に声をかけるようです。でも当然デートも楽しいわけがなく……。

結果として、あまり意味のない時間になってしまうかも。

また、この時期の元カレからの誘いにも注意が必要でしょう。

しっかりと彼の真意を見極めて、会うかどうかを決めてくださいね。

2.期待しすぎちゃダメ!

「まだ10代の頃『クリスマスなんだから、オシャレなところに連れて行ってくれるだろう!』と思っていた。

でも実際はいつものファミレスデートで、テンションが下がった記憶があります」(29歳/接客)

とくにまだ若いと、よっぽどマメじゃない限り、男性陣もこまかいクリスマスデートプランを立てられません。

むしろ女性のほうが、人気デートスポットにくわしいくらいだと思います。

またいくら大人になっても、予約や計画がニガテな人もいます。

こういう男性と付き合うと「私って愛されていないのかな……」と思いがちですが、けっしてそういうわけではありません。

あくまで彼にとっては「苦手分野」なだけ。

だからこそ期待をしすぎるのではなく、一緒にプランを立てる協力が必要ですよ。

ふたりの距離も、より近づくかも?

3.彼氏がいなくても何の問題もない

「大学生のとき、クリスマスに彼氏がいなくて落ち込んでいました。でもそんなのよくある話なんですよね。

いま考えると、悩むだけ時間の無駄だったなって思います」(27歳/一般事務)

この時期、まわりがカップルだらけだと、自分とくらべて切なくなりますよね。

でもクリスマスに彼氏がいるかなんて、タイミングが合わなかっただけにすぎません。

だから勝手に「勝ち組」「負け組」などと決めつけること自体がナンセンスなのです。

「今年は彼氏がいないけれど、そのぶん自分にプレゼントを買おう」「来年は彼氏ができるようにがんばってみようかな」など、前向きでいることが、クリスマスを楽しむ一番の方法だと思いますよ。

おわりに

彼氏がいてもいなくても、素敵なクリスマスになるかは自分しだい。

無理に一生懸命になったりせず、自分だけの今を楽しんでみては?

(和/ライター)

(愛カツ編集部)