風水

何だか男運が悪い……そう感じることってありませんか?

もしかしたらそれは思い込みではなく、いつも持っているカバンとその中身に問題があるのかも。

そこで今回は、風水術の観点から「あなたの男運を下げるカバンとその中身」についてご紹介致します。

あなたのカバンは大丈夫ですか?

風水

中が雑多で整理されていないカバン

知らず知らずのうちに、コンパクトやリップなどのコスメ道具がカバンの中で雑多になってしまうことってありますよね。でも、カバンは基本的に使わないものを一切入れないのが鉄則。

もしあなたのカバンがメモ帳やハンドタオル、メイク用品などでいっぱいなら、危険信号です。

カバンがパンパンになっているということは、もうそれ以上いい恋愛の運気が入る余地がないということ。

同じ理由から、ポーチの中身が不要なもので一杯になっているのもNG。常にカバンの中は整理しておきましょう。

カバンの中身が破れていたり剥げている

あなたは、自分のカバンの中を観察したことはありますか?意外とカバンの中身をじっくり眺める機会はないもの。

気づかないうちに破れていたり、革の部分が剥げていたりすることも少なくありません。

もしそんな痛んだカバンを使っていたとしたら、あなたの男運はかなり危険な状態。恋してもダメ男を掴んでしまうでしょう。

カバンが破れているなら、早急に買い替えるか補修することをおすすめします。

3年以上ずっと使い続けてきたカバン

風水的に見ると、カバンは恋を呼び込むエネルギーを持つアイテム。でもモノにはすべて寿命があります。

どんなに思い入れがあったり気に入っていても、あまりに長く使い続けていると、カバンのエネルギーを受けることができなくなってしまいます。

風水的なカバンの寿命は3年だと覚えておいて下さい。カバンは、3年以上使い続けると、恋を呼びこまなくなるどころか、悪い恋をどんどん呼び寄せてしてしまう恐れがあります。

まだ使えると思っていても、3年で買い替えましょう。

中側が明るい色味のコンパクトなカバン

ピンク色のカバンが恋を呼び込むというのは、一般的に知られていることだと思います。なぜなら、恋したい気持ちを高めてくれるからです。

しかし、カバンの中側が明るい色味の生地を使っているものは、奔放な相手に振り回されてしまうかも。

中側が赤や黄色など明るい色味の小さいカバンを使っていると、浮気や二股をされてしまう結果に。

カバンの中側の生地の色は明度が低いものを選択するのがベター。その方が愛され運が高まります。

おわりに

実際、持ち物にはその人の運気の良し悪しがそのままあらわれるもの。

風水では、人は“身に着ける物”から運を吸収するという考え方があるため、グレードの低い物や手入れが雑なアイテムを身に着けていれば運気も低下してしまいます。

雑多なカバンやボロボロになったカバンには、恋愛運を上げる力はありません。

「なんだか恋がうまくいかないな……」と感じるときは、カバンを見直してみることで恋愛運の流れを改善することができるかも。

(脇田尚揮/占い・心理テストクリエーター)

(愛カツ編集部)