同棲中の彼と結ばれるための

彼とラブラブになって同棲すれば、やがて結婚を考えるはずです。

ですが、同棲中の彼と結婚を望むなら、絶対にやってはいけないことがあります。

同棲のすえに別れるか、それとも晴れて結婚となるか……。

そんな分かれ道を左右する3つのポイントをアドバイスします。

同棲中の彼と結ばれるための

日常をないがしろにしたらダメ!

同棲をする前は、どちらかというと男性が女性を楽しませていたとしても、同棲をしたら、女性も男性を楽しませなくてはなりません。

男性にとって「家庭っていいな、ほっとするな」と感じる場所でないと、なかなか男性も結婚までは踏みきれないでしょう。

同棲したら、女性はついつい結婚したかのような気分になってしまいますが、男性にはあまりその意識がありません。

男性にとって、結婚は責任が増えることなので、彼女が一緒にいて便利だとは思っていても、「はやく結婚しないと」という積極的な考えにはならないものです。

そんな意識のちがいがある中で、こんなおだやかな日常がいいな、こんな時間が長く続けばいいな……と思わなければ、彼は結婚には踏みきりません。

それには、日々の生活をいいかげんにないがしろにするのではなく、彼の日常を楽しませられる女性でいることが大事です。

例えば、毎日帰ってきたら温かくておいしい手の込んだご飯が食べられる、ハロウィンやバレンタインなどちょっとした記念日にそれを楽しめる食卓が整っているなど、豊かな日々を過ごしている実感を日常から感じられたら、男性は結婚もいいなって思いますね。

同棲しても束縛はダメ!

同棲すると、彼の日常の多くの時間を共有することになります。

そうなると、いままで見えなかった彼のいろんなことが、やたらと気になります。

みじかい時間なら、人はいいところだけを見せることができますが、ながい時間になるといいところばかり見せてもいられません。

悪いところも見られるし、見てしまうことになるでしょう。

そのなかでも特に気になるのが交友関係。

LINEのやりとりがしょっちゅうにあったり、友人とのおでかけが続くと気になりますよね?

それがあなたのしらない友人となるとなおさらです。

ですが、彼の行動を束縛するのはNGです。

束縛されると、彼はとうぜん息苦しく感じます。

男性は「一人でいたほうがよかったな」と思ってしまえば、結婚に夢を持てなくなってしまいます。

同棲しても、彼のことを束縛せず、自由にさせてあげることが大事です。

だらしない姿を見せてはダメ!

同棲すると、いつも一緒だからこそ、女性もついつい手を抜いてしまうことがあるでしょう。

たとえばお化粧しないでいたり、パジャマのままでずっと一日過ごしたり……。

ゴミ出しやご飯の用意もおざなりになったら、赤信号です。

同棲は結婚するまでのおためし期間でもあります。

そんな時期にだらしない姿をさらしていては、男性はマイナスの結婚生活しかイメージできません。

とくに男性は、女性が一緒に住むことのメリットを家庭的な部分に求めているところがあります。

ですので、その幻想が一気になくなると、男性の結婚の夢は一気に壊れてしまうでしょう。

女性が家にいるっていいな、と思わせることが大事です。

まとめ

同棲生活はゴールではなく、結婚までのおためし期間です。

同棲して先に進みたいならば、女性はここで気を抜いてはいけません。

男性にとっても同棲は結婚生活のシミュレーションができる機会です。

同棲生活は結婚にそれほど乗り気でなかった彼をその気に変えることもできます。

そのためにも、普段の生活を大切にしていきましょう。

(如月柊/ライター)

(愛カツ編集部)