この子はほかの子と違う!いそうでいない……。そんな風に思われたら、本命への道は一気に近づくもの。

でも、それには「変わった言動」は必要ありません。ごくさりげないのに「この子は特別」そんな風に好意を抱かせるアクションとは?

お店の前で携帯オフ

「食事デートのお店の入り口で、バッグから携帯を出して電源オフした子がいました。僕にだけ向き合おうとしてくれてるように思えて、ちょっと感激しましたね」(30歳・男性)

デート中、携帯を触らないほうが好印象なのはみんな何となくわかっているもの。

でも、トイレには携帯を持っていく女子や、彼が席を外したら速攻チェックする子、伏せてはあるけどテーブルの上に携帯を置く子……。「完全スルー」ができる女子はそう多くありません。

それだけに、潔く電源オフしちゃう子は好印象の様子。一日となると厳しいけど、食事デートの2、3時間なら影響も少ないはず。やらない手はありません。

さりげない「あーん」

「女子と一緒にご飯を食べるとき、『はい、あーん♡』ってやられるのは『いや、いいよ』って構えてしまうけど、

さりげなく一口分をスプーンに乗せて『はい』って口の前に出されると食べちゃうんだよね。そのあと、

何食わぬ顔で普通に食事を続けられると『どういうつもりかな』ってちょっとドキドキします」(25歳・男性)

「あーん」のような、ちょっとあざとくベタベタして見えがちなことを、涼しい顔でやられるとドキドキしてしまう男性も多いようです。

このような、ちょっと照れてしまうようなアクションは「やるぞ、やるぞ」というオーラがそのまま、相手に対する圧になることも。

さらっとやってのけるのがおススメです。

こちらの動揺を気にしない

「自分で言うのもなんだけど、結構照れ屋なんです。

女子から急に甘えられたりすると、『え、何??』と動揺してしまって、気まずくなったことが何度もあります。

でも、この前、デート中に急に手をつないできた子がいて。『何?』って言っちゃったんだけど『ん?ダメ?』って普通のトーンで聞いてくれて、気まずくならずに済んでうれしかった」(27歳・男性)

照れ屋な男性は多いですが、女子が勇気を出したアクションに「何?」と冷たい反応を返されるとへこみますよね。

でも、そこで「なんでもないです、ごめんなさい」と女子がしょんぼりしてしまうと、気まずくなってしまいがち。そのまま二人ともテンションが下がり、気まずいまま終わってしまったなんてケースも。
女子があえてオドオドしないことで、彼も「いや、アリだよね」となることも多いです。

街中では「ここじゃ恥ずかしいから」と拒否されることもありますが、彼の「照れ」は「好意があるからこそ」かもしれません。いちいち「私の事嫌いなの?」と動揺しないのがポイント。

女子にも包容力が求められてる

普通の女子ならきっとこうするのに、この子は違うな……。

そんなインパクトが、そのままあなたへの好意につながることも多いです。「自分に向き合ってくれる」「気まずい空気をスルーしてくれる」

それって女子の包容力。懐の大きな女子が好かれるのかもしれません。

(中野亜希/ライター)

(愛カツ編集部)