好きかもと思わせる技

片思い中の男性と仲良くなってきたら、友達以上恋人未満の関係からもう一歩先に進みたいですよね。

でも、自分から告白するより彼の方から告白してほしい、と思う人は多いのはないでしょうか。

そんなときは、男性自身に「俺の好きな子はこの子なんだ」と思わせる方法をとることもひとつの手。

今回は「俺、もしかしてこの子が好きなのかな……」と気づかせるような方法を3つご紹介します。

好きかもと思わせる技

「彼女になったらね!」と冗談っぽく言う

「友達の紹介で知り合いになった少し年下の女の子。手料理とか食べてみたいわーって話の流れだったかな、『彼女になったらね!』と言われてドキっとしましたよね。いや、うん、えっ、僕の彼女になってくれるんですか?って、急に意識し始めちゃった」(26歳/理学療法士)

女友達から「彼女になったら……」と言われると、恋人候補として意識し始める男性も多いようです。

冗談っぽく言えば、そのときには「それはない」と言われても、笑ってごまかせますよね。

突然「えっ私のことが好き……ってこと?」とびっくりしてみせる

「そういえば昨日夢に君が出てきたんだよねーと話ししてたら『えっ私のことが好き……ってこと?』ってびっくりされて思わず笑った。でも、よくよく考えると、夢にまで出てくるってことは潜在意識の中で俺はこの子に惚れてるの?って思い直しましたよね」(30歳/美容師)

直球ですが「私のことが好きなの?」と聞いてみるのもよいかもしれません。

男性はそうは思っていなかったとしても、「俺、この子のことが好きなのかも」と思い始めるきっかけになるようですよ。

「最近よく連絡くれるよね、どうしたの?」と聞いてみる

「話しやすくて電話やLINEでちょいちょい連絡をとっていた女の子に『最近よく連絡くれるよね、どうしたの?』って聞かれて。そういえば、どうしたんだろう、俺、この子のことが好きなのかなって思いました」(20歳/学生)

連絡をよくくれる相手であれば、「どうしてよく連絡をくれるの?」と聞いてみてはいかがでしょう。

「あなたのことが好きだから」と返事が返ってくるかもしれません。

「私といっしょに居ると、楽しそうだよね!」と言う

「仲良しの女の子と話してたら『○○くんってさ、私といっしょに居るとき、本当楽しそうだよね~』と笑われた。『確かに……。確かに、俺は君といるとき楽しい!』と気付いて、もし恋愛関係になったら……?と想像しちゃいました」(25歳/営業)

片思い中の彼に「あなたといて楽しい」と伝える代わりに「私といてあなたは楽しそう」と指摘してみましょう。彼自身も自覚していなかった恋心に、彼の意識が向いちゃうかも。

片思い中の彼に自分のことを意識させちゃおう

片思い中の彼と一歩も二歩も関係を進めたいときは、自分から告白する前に、彼が自分のことを恋人候補として意識させるような方法もあるようです。

気になる相手と何となくいい感じかも……と思ったら、一度冗談っぽく試してみてはいかがでしょうか♡

(愛カツ編集部)