不倫

ワッと燃え上がる一方で、どちらも幸せになることができない不倫。相手のことをどれだけ好きでいても、基本的にその不倫が成就することはありません。

自分の幸せを考えるなら、不倫相手とは別れるのが一番。そこで今回は、不倫相手とキレイさっぱり分かれる方法についてご紹介します。

不倫

自然にフェードアウトしていく

別れ話をあえてしないというのは、不倫ならではの別れ方。特殊な関係だからこそ、別れ話をしないというのも、ひとつの方法です。

「不倫相手とは職場が同じだったので、別れ話を持ち出したところで毎日顔を合わしてしまう状況でした。相手とギクシャクしたくないけれど、不倫ももうやめたかったので、自然とフェードアウトする方法を選択。

正式な別れ話はしないまま、2人きりで会ったり肉体関係を持つことをやめていきました。3ヶ月ほど経つころには、お互いに干渉しあうこともなくなり、きれいに別れが成立。

別れを切り出すことがないので、無駄に苦しんだり辛くなったりすることもありませんでした」(30歳女性/銀行員)

別れ話をしてしまうと、話を切り出した自分まで辛くなってしまうことも。自然にフェードアウトという方法は、自分にも相手にもやさしい別れ方かもしれません。

相手の連絡先を消去して連絡を取れないようにする

同じ会社などではない場合なら、連絡先を消去してしまうのもおすすめ。荒治療的な方法で、一気に関係を断ち切ってしまうのもひとつの別れ方です。

「不倫をやめたいと思いながらも、なかなか別れを切り出すことができなかった私。不倫経験者の友達が携帯ごと変えてしまって、相手と連絡を取れない状況を作ったと言っていたことを思い出し、私もその方法を試しました。

相手も執着するようなタイプではなかったので、連絡先を消去した時点であっさりと不倫も終了。相手とつながる方法を根こそぎなくしてしまったことで、すっきりと気持ちを切りかえることができました」(28歳女性/美容師)

やめないといけないことはわかっていても、なかなかやめられないのが不倫の怖さ。自分の弱さを理解できているなら、連絡手段を絶ってしまうのもひとつの方法です。

結婚したい気持ちを伝えて相手に諦めさせる

不倫をしている相手に別れ意識させるには、“結婚”の2文字を口にするのが手っ取り早い方法です。

「上司と不倫関係を続けていた私。しかし、相手に離婚する気がないこともわかっていたので、自分の未来を考えて別れを切り出そうと考えていました。私が取った方法は、“結婚”の2文字を口にすること。

私の結婚願望をかなえることができない彼にとって、私の口から出た“結婚”という言葉は相当重たかった様子でした。自分の家庭を壊す気がなかった彼には、ダメージの大きい別れの言葉となったようです。おかげで今は、結婚を前提として付き合っている彼と幸せに過ごせています」(31歳女性/トリマー)

不倫と結婚は、対局にある言葉。不倫相手が今ある家庭を守ろうとしているのであれば、結婚の言葉を出して別れを切り出すのが、一番きれいに別れられる方法です。

不倫を終わらせて幸せな未来を手に入れよう

不倫は、未来のない恋愛です。本人同士は盛り上がっていても、まわりから祝福されることはなく、結局は辛い思いをする機会が増えてしまいます。

どうせ人を好きになるのであれば、幸せな未来が待っているほうを選ぶべき。不倫関係を続けている人は、ぜひこの機会に別れを切り出してみてください。

(愛カツ編集部)