ドン引きしたテクニック

大好きな彼にもっと喜んでほしい♡

そんな想いから、エッチの技術を日々こっそり研究している人もいるのでは?

けれど場合によっては、女性が自分からすると「え、プロかよ?」と疑われてしまう行為もあるよう。

そこで今回は、男性が彼女にされてドン引きしたエッチのテクニックについて聞いてみました。

ドン引きしたテクニック

上に乗って「素また」

「エッチの途中、流れで彼女が俺の上にまたがる感じに……。まぁそこまではいいんですが、それから彼女が腰を前後に動かし始めて。いわゆる素またみたいな感じですよね。

彼女には悪いけどちょっと引いちゃって『風俗かよ!』ってツッコみたくなりました」(32歳/自営業)

素またといえば、風俗では定番の行為。

彼からリクエストがあった場合はいいかもしれませんが、女性のほうから勝手に始めると引かれてしまう可能性もあるようです。

もしするとしたら「こういうのって気持ちいいの?」と聞きながら、最初は慣れない感じでやってみるのが正解かも。

口で咥えて「のど輪締め」

「それまでも口でしてもらったことはあったんだけど、4回目くらいのエッチのときに、フェラからさらに深くくわえて、のどでキュって締めつけられたんです。

すごく気持ちいいんだけど『何これ何これ?プロかよ!』って感じでした。のど輪締めって技らしいですね」(27歳/公務員)

お口でするテクニックの中で、もっとも難しいともいわれる「のど輪締め」

実際にマスターしている女性はごくわずかかもしれませんが、万が一できたとしても、交際したての時期に披露するのは控えたほうがよさそうです。

エッチがマンネリ化してきたな…と思ったときに、切り札として挑戦してみるくらいがちょうどいいでしょう。

指や舌で「アナル攻め」

「元カノで、自分から俺のアナルを攻めてきた子がいました。もちろん気持ちよかったですけど『前の男に仕込まれたんだろうな』と思うと、引いたというかちょっと複雑な気持ちに」(28歳/インフラ関係)

フェラと同じくらい、アナルを指や舌で攻められて感じる男性も少なくないのだとか。

だからといって女性のほうからいきなりするのは考えもの。

「男性の気持ちいい場所を知っている=やり慣れている」と思われてしまいかねないからです。

試すとしたら、まずは彼の性感帯を探すような流れに持っていってから「ここはどう?」と刺激してみるのがおすすめ。

最初はたどたどしさを意識して

男性が感じる方法を知り尽くしたようなやりすぎテクは、男性にドン引きされてしまう場合もあるよう。

それでも彼に気持ちよくなって欲しいなら、たとえマスターしているテクニックだとしても、最初は探りながらするような初心者っぽさを意識するといいでしょう。

「俺が育てた」感を与えることで、彼からもさらに愛しく思ってもらえるはずですよ♡

(愛カツ編集部)