仲直りのコツ

ケンカにおいて、「私は絶対に悪くない」という気持ちや、へたな言い訳はマイナスにしかなりません。

つまらないことでケンカして、お互いに意地を張ってしまっても、彼女が一歩引くだけで、すぐにまた元通りの仲良しになれるかも。

ケンカしてるときは怒り沸騰でなかなか難しいですが、「やっぱり彼女じゃなきゃ!」と思われるようなケンカの謝り方をご紹介します。

仲直りのコツ

謝る+かけがえのない存在ということを伝える

LINEでもメールでも手紙でもいいですが、できれば会ってちゃんと謝るのが一番だと思います。

会って相手に謝れば、やっぱり気持ちも伝わりやすいし相手の反応も見れますしね。

ちゃんと謝罪の気持ちを示した上で、
「私には、〇〇くんのことが本当に必要だと思ったの。」
「色々考えたけど、やっぱり〇〇君のことが好きだから。」
という気づきを入れると、それまで怒っていた彼も考え方が変わりやすいです。

色々考えたけどやっぱり大好き、という言葉を貰えるとやっぱり彼も嬉しいですからね。

ただし、何度もは使えません。乱用しないようにしましょう。

自分から歩み寄って「仲直りがしたい」と直球にいう

お互いに「絶対に自分は悪くない」と思っているからこそケンカになります。

なので絶対に自分は悪くないと思っている同志が、自分の絶対を押し付けるから平行線を保ったまま。

でもちょっとまって、そんなつまらないことで彼と別れたら本当に後から後悔してしまいます。ここはひとつ全面的に彼に寄り添ってみましょう。彼も考え方が変わります。

仲直りがしたいと歩み寄ってくれる人にはそれ以上攻撃はしません。ケンカ中に反抗的な態度を取るから、さらにケンカがヒートアップしてしまうのです。

私だけが悪い訳じゃないと思っていても、一旦気持ちをおさえて、心を込めて「仲直りがしたい」と歩み寄ってみましょう。

それでも彼が怒ってる場合

いつまでも彼が怒っているのは、あなたが何度も彼がやめてということを繰り返した、または取り返しのつかないようなことをした時だと思います。

同じことを繰り返した場合、そこで許してしまうとまた彼女が同じ過ちを平気でしてしまうから許せない。と思ってると思います。

多分今までの不満や過去の同じ失敗を持ち出して、何度も何度も言われるとは思いますが一切言い訳せず誠意を見せるようにしましょう。

解りやすくいえば「本当に悪いと思っているので、これからを見て欲しい」といって、もう二度と彼の怒るようなことはしないと誓い、実行していくことでしか彼も納得しないでしょう。

本当に彼も許せないなら、きっと黙って去って行っています。

それでもまだ彼女の事を好きだから怒ってるのだと思いますよ!

まとめ

ケンカするほど仲がいいとはいいますが、やっぱり大人としてのケンカの仕方というのがあります。

できればLINEやSNSのブロックなどと感情的で子供じみたケンカではなく、お互い冷静に話し合える大人なんだから話し合っていけるのが理想ですよね。

それでもダメならちょっと距離を置いてみてもいいと思いますよ。

感情に突っ走ると本当にろくな事がありませんので、くれぐれも慎重に仲直りするようにしましょう。

(只野/ライター)

(愛カツ編集部)