男性に言われて傷ついた一言

男性と会話しているなかで、たまに「え!?」と思うような一言を言われたことはありませんか?

相手は悪気がないのかもしれないけど、言われたほうは、モヤモヤしたり心にひっかかったりするものですよね。

今回は、男性から言われた一言でグサッときたことがある女性に、どんな言葉に傷ついたかを聞いてみました。

私も言われたことある!と共感する人もいるかもしれません。

男性に言われて傷ついた一言

お母さんみたい

「彼のご飯を作ったり洗濯をしてあげたりと、何かと世話をやく回数が増えてきたころ、彼が一言『お母さんみたいだね!』と言ったんです。

最初は流したけど、よく考えたらお母さんって……どんな気持ちで言ってるのかわからないけど、私はあなたのお母さんじゃなくて彼女です!」(29歳/事務)

安心感があって一緒にいると心地よい、お母さんのことをそんなふうに思っている男性は多いです。

ほめ言葉なのか、比べられているのか、それとも女性として見られなくなってきているのか……

「お母さんみたい」という言葉にひっかかる女性は少なくないですよね。

彼の第2のお母さんになってしまわないように、なんでもかんでも彼の世話をしてあげるのはやめましょう。

変化のあるデートをしたり、スキンシップを大切にしてみてください。

見た目じゃなくて中身だよね!

「仲いい男友達とご飯に行ったとき、私が彼氏ほしいな~とつぶやいたら『なんでできないのかな。人間見た目じゃなくて中身が大事なのにね』と一言。

それって顔は可愛くないってことだよね?とグサッ……中身を褒めてくれてるんだろうけど、そんなことより見た目をさりげなく否定されたことにちょっと傷付きました」(25歳/保育士)

どんなに性格がよくて人気者だったとしても、女の子なら見た目を気にするのが当たり前。

嫌味ではないとわかっていても、顔やスタイルなど見た目についての言葉は傷ついてしまうものです。

とはいえ、言った側はあまり深く考えていない、なんてことも少なくないよう。

あまり気にしすぎなくても大丈夫かもしれません。

悩みとかなさそう

「職場の先輩によく言われる『悩みとかなさそうだよね』って言葉に毎回かるく傷つきます。

悩みがないわけじゃなくて、そういうのを隠してがんばってるんです。

そんな能天気に見えるのかな、と落ち込むのと同時に、そこまで親しくもないのに私のことを勝手に決めつけないで、と思ってしまいます」(24歳/銀行員)

一見ひどい言葉とは思えませんが、言われると傷つくという人が多い『悩みがなさそう』の一言。

何も知らないくせに……と傷つく人もいるかもしれませんが、悩みがなさそうに見えるほど幸せに見えるんだ!

とひらき直ると、少し楽になりますよ。

無意識にサラッと言った言葉が1番こわい

男性からの何気ない一言に傷つく女性は多いもの。

ただし、単なる言葉のアヤというだけで、嫌味ではなく言っている可能性もじゅうぶんあります。

サラッと一度言われたぐらいであれば、スルーしてしまうことも必要なのかもしれませんね。

(愛カツ編集部)