中々行動を起こさない、そんな男子をムラムラさせたいと思うこともあるでしょう。

一方で、ムラムラした後の行動で、「本命女子度」が分かることがあります。

今回は、男子が「本命女子にはムラムラしたとしても絶対にしない」4つのことをヒントとしてお伝えします。

1:公衆の面前で過度なボディタッチ

公衆の面前で過度なボディタッチ

本命女子は独り占めしたい、そんな欲求に男子はかられます。ですから、他の目があるところでは、行き過ぎだボディタッチはしません。

女子にとっても辱められる行為であり、本命女子が傷つくことも理解していますので、公共の場で体をやたら触ってくるなどは絶対にしないことの1つです。

逆にナンパ目的や下心全開で近づいてきた場合には、そういった過度なボディタッチを平気でしてきます。

男子は他の目があるところでは、本命女子に対しては、ムラムラしたとしても冷静さを失わないということを覚えておきましょう。

>>【あわせて読んでほしい記事】本気度が違う!本命セックスと遊びセックスの違い

2:卑猥な言葉を使う

卑猥な言葉を使う

男子はムラムラしたとしても、欲望のままに行動することで本命女子から嫌われてしまうリスクというものがいつも頭の片隅にあります。

ですから、卑猥な言葉を使ったり、本命女子に誤解されたり嫌われてしまうリスクにつながりそうな言動は取りません。

優先度の低い女子に対しては、お酒で酔ったりすると平気で使う男子もいますが、「本命ではない」ということの分かりやすい現れです。

本命女子に対しては、男子はムラムラしたとしても、強い行動にはあまりあらわさず慎重に行動するということを覚えておきましょう。

3:計画をすっ飛ばしてホテルに誘う

計画をすっ飛ばしてホテルに誘う

本命女子に対して男子は、「身体の関係以外の信頼関係」を求めます。ですから、仮にムラムラしたとしても、自分の中の段取りを通り越していきなり行為に及ぶことはありません。

例えば、デートの途中でホテルに誘うにしても、突然計画をすっ飛ばして酔った勢いなどで誘ったりすることはありませんし、あなたと良い雰囲気であったとしても、強引に誘ったりは絶対にしません。

男子は本命女子に対しては、「ムラムラ」よりも「長い目での信頼関係」を重要視するということを覚えておきましょう。

4:相手の体調が悪いのに引き留める

ムラムラして、ボディタッチ含めていろいろとしたくなったとしても、男子は本命女子に対しては、相手の体調が優れないときに引き留めてまでそういうことをしようとは絶対にしません。

自らの欲望よりも相手のことを思いやる心が勝ちます。一方で、本命ではない女子の場合は、「ボディタッチ含めていろいろしたい」という欲求が強い場合は、相手の体調などはあまり関係なく男子のペースでそういうことをしてきます。

恋愛は双方向ですが、性的欲求は一方通行のとなりやすい、そんな特徴がここにも表れています。

もし本命男子とデートをして、ある程度そういうこともしても良いかなとムラムラ攻撃を女子から仕掛ける場合、体調は万全な状態にしておきましょう。

 

今回のヒントは、いかがでしたでしょうか?

男子は性的対象ではなく恋愛の本命女子には度を超した行動は取らないものです。

ムラムラスイッチをオンにした後の彼の行動を今回のヒントを参考に冷静に見極めて、彼にとっての本命度を考えてみると良いでしょう。(お坊さん恋愛コーチさとちゃん/ライター)

(愛カツ編集部)