職場恋愛

距離感というのはすごく大切なもの。大して好きでもない人からいきなりぐいぐい来られても困ってしまいますよね。

逆に好きな人にアプローチをしているのに全く相手にされないとつらいもの。

人にはそれぞれ関係性からなる距離感というものが存在するんです。

そこで今回は、職場恋愛における距離感の縮め方をご紹介!

職場恋愛

1:心理学から見た4つの距離感

距離感を縮める前に、まずは心理的な距離について知る必要があります。

エドワード・ホールという人が対人関係における距離感を4つに分類しています。

1つ目は密接距離(45㎝以下)と言われ、恋人同士の距離感。

2つ目は個体距離(45㎝~120㎝)といわれ、友人などの距離感。

3つ目が社会距離(120㎝~360㎝)でビジネスライクな相手との距離感。

4つ目が公衆距離(360㎝以上)で、個人的な関わりのない人との距離感です。

個人差はあるようですが、基本的にはこの距離感で人と接すると、ストレスなく付き合いができるとされています。

2:仕事の相談からプライベートな会話へ

精神的な関係性が近くなると物理的な距離が近づきます。

また、物理的な距離を近づけることで心理的な距離に影響を与えることもできるでしょう。

そこで、職場恋愛の場合、まずはプライベートの相談ごとをしてみるといいでしょう。

居酒屋へ行ってお酒を飲みながら自分の弱みを相手に見せることで心理的な距離感を縮めたいところ。

しかも、居酒屋などのテーブルは向かい合って座ると手が届く距離になりますので、自然と個体距離に入れるというわけ。

ちなみに、ななめ向かいに座るのがおすすめです。対面に座ると議論的な会話になってしまうことが多いためです。

3:会社ではベタベタせず、帰る時間を合わせるべし

相手との相談ごとで距離を縮めることができても会社ではあまりビジネスライクな距離感を壊さない方がいいでしょう。

あくまでも会社内では社会距離でいることがおすすめ。しかし、仕事が終わって帰宅となれば話は別。

意中の彼と帰りの時間を合わせ「この前はありがとうございました」といった感じで一緒に帰るように持って行くといいでしょう。

並んで歩くと自然と密接距離になるので、恋人の距離感に自然と入っていけるというわけ。

できれば「休日は何してるんですか?」といった感じで相手のプライベートに対する質問してみて。

「相談を聞いてもらったお礼に今度おごりますよ」といった感じで次の約束を取り付けましょう。

4:仕事終わりの「今日もお疲れ様」メッセージ

一緒に帰ることができない日はLINEでちょっとしたメッセージを送るのがおすすめ。

「今日もお疲れ様」といったメッセージは、ビジネスライクな相手とはあまりやらないやりとりではないでしょうか。

これを日常化させることで、恋人のような関係性を築いてみてください。

まとめ

いかがでしたか?今回は職場恋愛における距離の縮め方をご紹介しました。

距離感はできるだけ一歩一歩縮めていくのがおすすめ。

いきなりぐっと距離を詰めていくと相手にストレスを与えてしまうことになってしまいます。

くれぐれも焦らず「すこしずつ」を心がけてみてください。

(草薙つむぐ/ライター)

(愛カツ編集部)