女性にはなかなか理解ができないかもしれないですが、男性は自分の中で譲れないこだわりを持っている人が多いです。

でも、自分の彼女には、そのこだわりも「できれば理解してほしい」と思っていたりもします。

そこで今回は、彼女にはわかってほしいと思っている「男のこだわり」を紹介します。

好きなものは「とことん集めたい」

男性はコレクター気質な面を持っている人が多く、「好きなものやハマッたものはとことん集めまくりたい」という考えにもなりやすいです。
スニーカーを何足も買ったり、お菓子のオマケのおもちゃを集めたり、フィギュアを買い揃えたりといった行動は女性には理解がしにくいでしょうし、お金の無駄遣いだと感じたりもするかも。

ただ、女性が思っている以上に男性は集めたものを大切にしているので、勝手に触ったり捨てたりしたら、怒りを買うのはもちろん、信用を一気に失うことにもなりかねません。
給料の全てを注ぎ込むなどの行き過ぎた行為が見られるなら注意も必要ですが、趣味で楽しんでいる程度であれば温かい目で見守ってあげましょう。

かなり細かい「髪型のセット」

女性だけに限らず、男性にも身だしなみにかなり気を遣うタイプの人もいます。
傍から見ると違いがよくわからないような細かいところまで髪型をセットすることに時間をかけるのであれば、それだけ独自のこだわりが強いのでしょう。

女性からすると、男のくせにヘアスタイルを作るのにいつも長時間をかけるのは、ナルシストっぽくも見えるので幻滅したりもするかも。
でも、これは彼女に対しても「カッコイイ姿を見せたい」という気持ちの表れでもあるので、直接的な迷惑がかかったりしないのなら大目に見てあげた方がいいですよ。

「食材へのこだわり」が強すぎる

料理に対して強いこだわりを持っている男性というのも、最近は増えてきています。
特に男性の場合は、高級食材にこだわったり、珍しい調味料や特殊な調理器具にまで手を出したりするような人も多いです。

女性としては考えられないようなお金の使い方かもしれませんが、やるとなったらとことん突き詰めたがるのは男性の性質でもあるもの。
あまり納得のいかない行動かもしれませんが、「彼氏のお金で高級な料理が味わえるのであれば別にいいか」と気持ちを切り替えて、料理を楽しむのが一番の得策ではあるでしょう。

困っても「人には聞かない」

例えば、スマホの使い方がわからなかったり、道に迷ったりしたときなどに、女性であれば「誰かに聞こう」とすぐに思うでしょう。
でも、男性は「自分で何とかしたい」という思いが働くので、困ってもなかなか人には聞かないという変なこだわりがあるのです。

また、男性はプライドが高いので、自分の弱みを人に見せたがらないですし、特に彼女の前ではカッコイイところを見せようと頑張ったりもしがち。
そういった気持ちも理解してあげて、「聞けばいいじゃん」などと怒ったりはせずに、「こういうのはどうなのかな?」なんて提案するかのような形で誘導してあげたりすると、彼氏も嫌な気持ちはしないはずですよ。

おわりに

「男のこだわり」は、女性には理解できない部分が多いでしょう。全てをしっかりとわかってあげる必要はないですが、頭ごなしに否定したり激しく非難したりするのは、さすがにやってはいけませんよ。(山田周平/ライター)

(愛カツ編集部)