将来性のある星座ランキング

結婚するなら、できるだけ高収入の男性がいいですよね。

でも、年齢が若いうちは、将来性があるかどうかはなかなか見抜けないもの。

そこで、星座から未来予測をしてみます。

12星座別に、「将来性のある男性」をランキングでご紹介!

まずは2位から見ていきましょう!

将来性のある星座ランキング

2位:獅子座(7月23日~8月22日生まれ)トップに立つ男

経営者や個人事業主に多いのが、獅子座の男性。多少のムチャも気合と男気で乗り越えるタイプなので、何もないところから突然社長になる……というパターンが珍しくありません。

ただ、何をするにしてもスケールが大きく、うまくいけば一獲千金モノですが、失敗すれば無一文になる可能性も。堅実な参謀役がついていれば、かなり将来性があるといえます。

3位:牡牛座(4月20日~5月20日生まれ)将来有望株

安定感のある人柄と落ち着きを兼ね備えた牡牛座は、そもそも危なっかしい職業を選ばないはず。公務員や大企業、老舗と呼ばれる組織など、入った段階で将来が約束されるような就職先を選ぶでしょう。

しかも現実主義者なので、実現しない夢は見ません。地に足をつけて、着実にキャリアアップを狙えそう。将来が有望なタイプでしょう。

4位:水瓶座(1月20日~2月18日生まれ)将来性は2パターン

将来性のある男性

水瓶座には、物事を達観して見るタイプと、自由で個性的なタイプがいます。どっちの性質が強いかで将来も変わってくるでしょう。

物事を達観する……つまり「上から目線でモノを見る」タイプは、肩書が社長になる可能性が高め。ワンマンな傾向はありますが、視野が広く、独創性もあるので経営者向きだといえます。

個性的な自由人タイプは、クリエイティブな世界で活躍しそう。アーティスト、デザイナー、イラストレーターなどとして財を築くかも。

5位:乙女座(8月23日~9月22日生まれ)普通に出世!

乙女座男性は実務能力が高く、何でもテキパキとこなしてミスも少なめ。基本的に頭が良く、文系でも数字に強いなど、マルチプレイヤーとして活躍するでしょう。

普通に働くだけで出世のチャンスはあるタイプですし、年齢やポジションに応じてお給料もアップするはず。

ただ、経営者として組織のトップに立つほどではないかも。ナンバーツーとして重宝されそうです。

6位:天秤座(9月23日~10月23日生まれ)クールな切れ者

ガツガツと出世を望むタイプではないですが、聡明で仕事ができる人が多いのが天秤座。しかも社交性が高く、部長や役員クラスの人たちとも堂々と渡り合えるでしょう。

クールに利益追求をしたり、情に惑わされず組織を動かしたりできれば、それなりに出世が望めるはず。本人の能力、プラス有力者の引き立てで将来性が決まりそうです。

7位:蠍座(10月24日~11月21日生まれ)専門職で将来有望

一つのことを極めるのが得意な蠍座男性は、自分の適性に合った仕事に就くことが大事。研究や分析、クリエイティブな分野など、お金儲けに直結しない仕事で成功することが多いでしょう。

そのため、お給料のベースがそもそも高い専門職に就けたら、将来性はなかなか高いといえます。お金持ちといえるほどではないにしても、安定した収入を確保するはずです。

8位:牡羊座(3月21日~4月19日生まれ)パートナー次第

将来性のある男性

勢いで突っ走ることが多い牡羊座男性は、ムチャをしても結果オーライで出世が望めそう。とはいえ、これは年齢が若い頃だけに通用する話。

基本的に一匹狼タイプなので、部下を持つ管理職は苦手で、職場では独特のポジションを確保する可能性が。

個人事業主で成功するか、あるいは堅実さを身に付ければ、高収入を得られるはず。ただ、いかに継続していくかがカギになるので、安定感のあるビジネスパートナーが必要かも。

9位:双子座(5月21日~6月21日生まれ)ビジネススキル高め

感覚がすべてライトな双子座は、「根性」「努力」というワードが苦手。社交性と口のうまさだけで出世するかもしれませんが、実績に深みがなく、思わぬところで足をすくわれる可能性が。

また、管理職として仕事の現場を離れ、一日中デスクワークをするのも好きじゃないでしょう。「一生現場主義」をつらぬく双子座もいます。

とはいえ、聡明でフットワークが軽いため、ビジネススキルは基本的に高め。ある程度の収入はつねに確保するはずです。

10位:蟹座(6月22日~7月22日生まれ)家族のために頑張る!

仕事よりもプライベートを重視したい蟹座男性は、出世欲が希薄。また、「身の程」をわきまえすぎて、偉くなるチャンスがあっても見逃してしまいそう。

ただ、結婚すれば家族の幸せを一番に考えるタイプなので、妻と子どもに苦労させるのは絶対に避けたいこと。何不自由なく暮らせるだけの収入は、しっかりと確保するでしょう。

11位:射手座(11月22日~12月21日生まれ)何を目標にするかが大事

自由を大切にする射手座は、「自分がやりたいことをやる」タイプ。組織に属して上下関係に従うのは苦手です。

また、お金に対する執着心がそもそもないので、ある程度の社会生活を経験しないと、「収入を増やしたい」という願望も湧かないはず。

ただ、結婚して家族を持てば、ガラッと変身する可能性も。自分をストイックに追い込むのが得意な射手座は、目標が「稼ぐこと。偉くなること」と決まれば、全力で突っ走るでしょう。

さて、残るは1位と最下位の12位。一番将来性があるのは、山羊座でしょうか? それとも魚座……?

1位:山羊座(12月22日~1月19日生まれ)将来性のある野心家

山羊座

12星座では、1位2位を争うほど野心が強い山羊座男性。

いきなり社長になったりはしませんが、堅実にキャリアを築いて、30代・40代で手堅いポジションを確保するでしょう。

典型的な大器晩成型で、一度築いた実績はそう簡単に崩れるものではありません。年齢とともに着実に年収を増やし、頼れる「一家の大黒柱」となるでしょう。

12位:魚座(2月19日~3月20日生まれ)出世しなくても幸せ

優しくて女性的な魚座男性は、厳しい社会の荒波に揉まれるとダウンしがち。

出世欲はほとんどなく、そもそも管理職について部下を持つようなタイプではないでしょう。

ただ、想像力やクリエイティブな感性を生かせる仕事では成功しやすいので、適性が活かせる職に就ければ安心。決して高額ではないものの、安定収入を得るでしょう。

(沙木貴咲/占い師)

(愛カツ編集部)