ずっと愛される女子

できることなら、彼氏にずっとずっと好きでいてもらいたいと、多くの女性が思っているはず。

でも、ただ「恋人だから」というだけでは、そううまく愛され続けるのは難しいものかもしれません。

そこで今回は、彼氏にずっと好きでいてもらうために、彼女として、できることをいくつかご紹介。

みなさんも、できることからはじめてみませんか?

ずっと愛される女子

もらったモノを愛用している

彼氏からプレゼントしてもらったものがありますか? もし、それが使うもの、身に着けるものなら、ちゃんと愛用していますか?

モノにもよりますが、大事にしまっておくよりも、しっかり使ってあげたほうが、彼氏も嬉しくなるもの。

「これを使って(身に着けて)いてこそ私!」となるくらい、自分の一部として愛用してみてください。

もらったモノには、彼氏の気持ちもこもっています。愛用しているなら、彼のココロにも愛着を持っているということになり、長く愛されるポイントのひとつとなるはずです。

小さなことでも幸せそう

「そんなのフツーでしょ」という態度より、「すごいねー!」という態度のほうが、愛されやすいのは一目瞭然。ぜひ、日常の小さな幸せを大切に。楽しいこと、嬉しいことには敏感に反応して、毎日笑顔を増やしてほしいのです。

たとえば、彼氏がちょっとコンビニ寄ってきたといって、お菓子やスイーツを買ってきてくれたら、「やったー!」「おいしそー!」と喜んであげること。

彼から電話がかかってきたら「電話がかかってきて嬉しい」と伝えること。

そんな小さな幸せを表現していけばきっと、彼氏はずっと、あなたのことを好きでいてくれるはずです。

不機嫌になる前に穏やかに要求

いくら愛していても、大好きでも、違う人間同士。ときには、不満に思ったり、イラっとしたりすることもあるでしょう。

でも、不機嫌になるその前に、そっと彼に、自分の気持ちを伝えて、してほしいことを穏やかに要求してほしいのです。

「言ったら空気が悪くなるかも……」と恐れて、不満をため込むことがないように! いずれは、爆発してしまうもの。

優しくも、自分の要求・意見をしっかり伝えてくれる彼女なら、彼氏自身も素直になりやすく、結果的に愛を長続きさせることができます。

ひとりの時間を大切にする

「恋人として幸せ」。それをイメージするとき、どんな映像が頭に浮かびますか? いつもふたり一緒で、イチャイチャしているでしょうか? でも、関係を長続きさせるためには、意外とひとりの時間も大切です。

彼氏には「自分ひとりになりたい時間」「ひとりだけで楽しみたいこと」があるかもしれません。「それなに?」「なにしてるの?」と、あれこれ干渉しすぎないことも、愛されるためには不可欠。

あなたもひとりでいるときに、彼のことを考えれば、より仲良くできる方法が模索できるかもしれません。

どうしても気になるときは、あとで「なにしてたの~?」と聞いてみるのがベター。お互いがひとり時間を有意義に過ごしていれば、ふたりの時間は、もっともっといい時間となるはずです。

おわりに

長く愛される彼女は、距離の取り方が上手です。好きな気持ちや、幸せな気持ちを大切にしつつも、「自分」を変えようとはしないこと。

ありのまま、そのままで居続けながらも、自分の心をまっすぐ彼に届けて、彼氏からの気持ちをぎゅっと抱きしめてあげましょう。

(橘遥祐/ライター)

(愛カツ編集部)