残念男

付き合ってみて「やっぱりちがうかも」と思っても、別れるのって労力がいりますよね。

事前に本性が見抜けたらいいのに……と思いませんか?

じつは、身勝手な男性はけっこうサインが出てるもの。

今回は「この手の男性はやめておいたほうがいい!」という分かりやすい兆候を、ご紹介します。

初回のデートで見抜ける!付き合うと面倒な残念男の特徴

風邪をひいてもマスクをしない

「デートの前日に風邪をひいたといって、マスクもしないで終始ゴホゴホしていた人。

しかも予約してくれていたのが個室なので、2時間以上、密室で彼の咳を浴びることになりました。

案の定、風邪をうつされてしまい最悪でした。思いやりがなさすぎますよね!」(28歳/アクセサリー販売会社勤務)

電車の中などでも、ゴホゴホ咳をしながら手で覆いもしない男性、けっこういますよね。

他人の目ばかり気にして生きる必要はないですが、他人に被害を及ぼすかもしれない状況に気をつける配慮ができる男性じゃないと、付き合ってもハラハラすることが多そうです。

「ランチ行きましょう」と言っているのに…

「この人ちょっと微妙だけど、一回は会ってみてもいいかな。

でも長時間はきついなっていう人には『ランチ行きましょう』って言います。

それなのに、ディナーを指定してくる人がいるんですよ!空気読めって言いたいです」(31歳/化粧品メーカー勤務)

確かにランチだと話が合わなかったら『次の予定があるので』とみじかい時間で解散できるので便利です。

でも「ランチに行きましょう」と言われたら、デートOKだと思って何でもアリだと思ってしまう人もいるんでしょうね。

こういう男性って何でも自分に都合よく解釈しがち。

「男女が2人で飲みに行くってことは、セックスもOK」など、勝手に都合よく受け取りそうなので要注意です。

自分に都合のいい場所を指定する

「飲み会で会った人と『次は2人で会いましょう』ってなったとき、けっこう不便な場所を指定されたので

『よっぽど美味しいお店なのかな?』と思って店選びの理由を聞いたら『自分の会社から近いから』と……。

私に便利な場所も聞いてくれないし、自己中すぎませんか?」(23歳/カフェ勤務)

『こんど飲みに行きましょう』で約束したとき、その決め方で人柄が分かりますよね。

日にちだけ決めて、当日までお店の連絡ない人だと女性は服装選びに困りますし、

平日ならお互いの中間地点にするなど、負担がない場所にする配慮があるとうれしいもの。

自分の近くに呼びつけるタイプの男性は、自己中で俺様タイプであることが透けて見えます。

初回デートの違和感は見逃さないで!

同じ人と何回もデートを繰り返してから「やっぱりちがう」となると、時間の無駄だと感じてしまうこともあるのではないでしょうか。

女性のカンは当たるのに「何か違うかも」と思っても、「でも条件はいいし」などと我慢していると、結局は上手くいかないことが多いもの。

もっと自分の心に素直に従ってみるのが、自分と合った人と付き合える近道だといえるのではないでしょうか。

(上岡史奈/ライター)

(愛カツ編集部)