デートは、男女ともに楽しめるのがベストですよね。

自分だけが楽しんでいても、相手が楽しんでいないようなら、それはデートではありません。

ただ単に「あなたが彼に、お散歩をしてもらっている」だけかも……!?

そんな恐ろしいことにならないように「男性が面倒くさいと思うデートスポット」をチェックしておきましょう!!

デートスポット

ショッピングモール

男性にとって、ウィンドウショッピングはとにかく面倒くさいもの。

これには、買い物に対する男女のとらえ方の違いが大きく影響しています。

女性はいろいろと寄り道をして、品物を見ること自体も楽しむことが多いですよね。

ですが、男性はなにか買いたいものがあるから、買い物に行くというスタンス。

この考え方の違いから、ウィンドーショッピングデートで男性は「買う予定もないものを眺めてなにが楽しいの!?」と、不機嫌になってしまうこともあるようです。

チェーン店のカフェ

カフェで女子会、というのはありふれた風景。

女性同士なら、ゆっくり話したいときにカフェに行くのはよくあることですが、男性同士でそれをするのは、かなり珍しいことなんです。

男性がカフェにいくのは、場所を変えて仕事をしたいときや、少し時間を潰すときくらい。

いつ移動するかなど、切り上げ方にも困ってだらだらとしてしまいがちなカフェは、男性には非常に不評。

「カフェに行くぐらいなら飲みに行きたい」と考える男性が多数派かもしれません。

人気スイーツ店

スイーツ……その甘い響きは、多くの女性を魅了します。

ですが男性の場合、それが言えないことも多いもの。甘いものが苦手な男性も少なくありません。

また、たとえ甘いものを好む男性であっても、いくら評判のスイーツだからといって、並んでまで食べたいと思う人は少ないはず。

女性だけがはしゃいで男性がイライラしているという、最悪の展開にもなっちゃいそうです。

人気店に行くときは、しっかり彼の顔色も確認してあげましょう。

美術館

美術館は静かな環境で、気を遣ってしまいます。お互いに話すこともためらう人もいるでしょう。

しかも、美術館では立って鑑賞するスタイルが一般的ですから、興味がないと、足が疲れるだけで、なんにも面白くありません。

知的でおしゃれなデートだと思うかもしれませんが、男性が美術鑑賞に興味がない場合、ただ単に足を棒にして歩いているだけ。

退屈な時間を過ごすことになるので、こちらも要注意です。

遊園地

手軽に味わえる非日常という意味では、遊園地はとてもいい場所かもしれません。

しかし、男性は効率を求める傾向にあります。遊園地では、ひとつのアトラクションに乗るために長い時間並ぶのもザラ。

それを非合理だと考える人も多く、遊園地で不機嫌になる男性も少なくないのです。

遊園地に行きたい場合は、本当に彼も行きたいのかをまず確認。

並ぶときに、会話が続く相手かどうかも考えた上で誘うようにしましょう。

おわりに

一見素敵に見えても、男性が面倒くさいと思っているデートスポットは意外にたくさんあるものです。

相手の男性に嫌な思いをさせないデートスポットを選ぶためにも、この記事が参考になれば幸いです。

(秋佳 珠/ライター)

(愛カツ編集部)