実は脈アリなLINE

奥手男子だって、好きな女性や気になってる女性に対しては、他の女性たちとは違った態度や行動を取っているもの。

それはLINEでのやり取りの中にも表れてくるので、そのわかりにくサインを見逃さないことが大事でしょう。

実は脈アリなLINE

そこで今回は、奥手男子が送っている「実は脈アリなLINE」を紹介します。

「あのお店、すごく美味しいですよ」

「あのお店、すごく美味しいですよ」とか「あそこは楽しいので絶対に行くべきですよ」といったひと言。

これはただ単純にオススメの場所を教えてくれているようにしか思えないかもしれません。

でも実は、「一緒に行きたい」という気持ちから出るひと言であり、「じゃあ、今度行こうよ」と言われるのを待っていたりもするのです。

あなたもその気があるのなら、「えー、気になる!連れてってよー!」なんて重くならないように言ってあげると、いくら奥手男子であってもそのままの流れで誘いやすくなることでしょう。

「今日のプレゼン、勉強になりました」

好きな女性のことは「褒めたい」と感じるし、褒めることで自分の好感度を上げたいなんて思いも持っているでしょう。

でも、奥手であるが故に、恥ずかしくて面と向かって女性を褒めるなんてことは、そう簡単にはできないもの。

だからこそ、「今日のプレゼン、勉強になりました」とか「今日の服、すごくオシャレでしたね」なんて、あとからLINEで褒めたりするのです。

そんなことさっき言ってくれればよかったのにと感じるようなことを、わざわざあとになってLINEで言ってきてくれることが多いのなら、目の前では言えなかったけれどどうしても言っておきたい気持ちを伝えているということなのかも。

「○○さんとかカッコイイと思いますか?」

職場で人気のイケメン男性や仕事がデキる優秀な男性のことは、男性であれば誰もが多少はライバル視しているもの。

なので、好きな女性がそういった男性たちのことをどう思っているのかは、やはり気になって仕方がないでしょう。

奥手男子が「○○さんとかカッコイイと思いますか?」などと聞いてくるのも、あなたの気持ちが知りたいからこそ。

「私はもっとピュアな感じの人がいいな」なんて、その奥手男子に近いタイプの男性を挙げてあげると、喜んでくれるでしょうし自信も持ってくれるはずですよ。

「土日は何をしてたんですか?」

奥手男子は正面から「彼氏はいるんですか?」とか「好きな男性はいるんですか?」などと、気になる女性に聞くことはできません。

でも、他の男性たちと同じように、やはりそのことが最も気にはなっているもの。

であるからこそ、「土日は何をしてたんですか?」なんて休日の行動を聞いて探りを入れたりするのです。

どんなことをしていたのか、どういったところに行っていたのかを知ることで、そこに男の影があるかどうかを探ろうとしている可能性も高いでしょう。

おわりに

奥手男子もLINEであれば、面と向かってよりはやや積極的になれたりもします。

なので、好意のサインも感じやすくはあるはずなので、気づいた際にはあなたも好意を示してあげると発展もしていけるでしょう。

(山田周平/ライター)

(愛カツ編集部)