結婚に向いている!「最高の夫になる男」の見抜き方

「結婚をしたい」という思いが強いのであれば、どんな男性が「いい夫」にのか、ちゃんと見極めることが重要です。

「好き」という気持ちはもちろん大切ですが、それだけではなりたたないのが結婚生活。

向き不向きも、チェックはしたいところです。

そこで今回は「最高の夫になれる男」の見抜き方を紹介します。

結婚に向いている!「最高の夫になる男」の見抜き方

「興味のないもの」にも付き合う

自分が全く興味がないものでも、あなたのためであれば付き合ってくれるような男性は、あなたへの思いやりや愛情が深い証拠です。

あまり好きではないジャンルの映画、洋服やコスメなどの買い物、こじゃれたカフェやレストラン。

そういった男性としてはあまり居心地がよくない場所でもついてきてくれるのは、あなたが行きたがっているから。

そして、あなたによろこんでほしいからです。

自分がすべてで、つねに自分優先の男性と結婚をしたら振り回されることになるでしょう。

しかし、興味のないものにも付き合ってくれる男性なら、おたがいが楽しいことを共有できる夫婦になれますよ。

つねに「あなたの分」も考える

「コーヒー買いに行くけどいる?」とか「パン焼くけど食べる?」など、かならず聞いてくれる男性。

これは、自分の分だけではなく、つねにあなたの分も考えてくれていているからこそできる行動です。

それだけあなたのことをいつも思ってくれていて、自分がなにかをするときには「じゃあ彼女にも」と自然に連動して考えてもくれているのでしょう。

ちょっとした思いやりに見えるかもしれないですが、こういったこまやかな気づかいをしてくれる男性が夫だったら、日々愛情を感じられるものですよ。

「自分のこと」としてとらえる

あなたがなにかに悩んでいたり、失敗して落ち込んだりしているときに、相談に乗ってくれたりはげましてくれたりするのは、いわば普通のこと。

それだけではなく、まるで自分のことのようにとらえて、本当に親身になって考えてくれる男性は、あなたへの思いも相当強いです。

あなたに元気がないと、自分まで元気がなくなるような感じして、「なんとしても助けてあげよう」と感じるのでしょう。

そんな男性が夫だったら、すごく心強いでしょうし、どんな困難も力を合わせて乗り越えていこうと考える夫婦になれるはずですよ。

たりないところを「補い合える」

最高の夫婦というのは、最高の人生のパートナーであるふたりです。

ふたりでひとつといった状態を築きあげていけたら、おたがいに「絶対に手放したくない人」と素直に感じるようにもなるでしょう。

そのためにもっとも大事なのが、たりないところを補い合えるふたりになること。

たとえば、彼氏が人付き合いが苦手なら、あなたが社交的にサポートしてあげる。

さりげなく自然に助け合えたら、夫婦の絆もどんどん深まっていくものですよ。

おわりに

思いやりや愛情が深い男性は、やはり夫にするにも最高な男性です。

彼氏の何気ない行動をチェックしてみて、そこに思いやりがちゃんと感じられたら、結婚相手としても考えてみてもいいのではないでしょうか。

(山田周平/ライター)

(愛カツ編集部)