心理テクニック

忘年会や新年会、歓送迎会や創立記念日など、意外と会社の飲み会は多いもの。

そして、そこでは恋のチャンスもちらほら。普段会えない部署の人と話をする機会もありますよね。

あなたは飲み会での座る席にどのくらい気を使っていますか?

実は座る位置によって、相手に与える印象は大きく違ってくるものです。

心理テクニックとして、気になる人や、もっと仲良くなりたい人が飲み会にいる場合に座るべき席というものがあります。

今回はそんな「飲み会で好印象を与える席」と逆にNGな席をあわせてご紹介します。

心理テクニック

①相手の右斜め前…相手にトキメキを与える位置

心理テクニック

相手から見て右側にあなたが見える座り方は、最高のポジショニングと言えます。

人間の目の動きは右から左に流れていくので、いやがおうにもあなたの情報は相手の記憶の中に刷り込まれ、飲み会が終わったあとも強く印象に残るはず。

あとはお酒の席の最中に共有体験(カラオケや共通する楽しい話)をすること、LINE交換をしてアフターメールを送ってみましょう。

相手に少なからず気持ちがあれば次に繋がるはずです。

②相手の隣…話がどんどん弾む位置

心理テクニック

理想の座り位置は相手の右隣に座ることですが、どちらにしても隣接して隣に座る場合、気軽に話を進めることが可能に。

ある意味、最も無難な位置だと言えます。すぐに恋愛に持ち込まずに、友達として親しくなりたい場合は最適でしょう。

しかし、1回のコンタクトで決めたい場合や長期戦を望んでいないなら、相手の身体にソフトタッチをする、2人だけの耳打ち話をするなどあわせ技を活かしてみると◎。

③相手の真正面…なんだかイラっとされる位置

心理テクニック

相手に対して真正面に相対する位置取りは、飲み会ではかなり上級者でない限りは避けた方が無難。

というのも、相手に対して無意識に敵対感情を与えてしまうためです。

相手はあなたの話に同調しづらいと感じてしまうので、気をつけながら会話を進めなければなりません。

ただし、記憶に残りやすい場所なので、後から好印象に変えられるだけのテクニシャンならOK。ある意味勝負の場所とも言えるでしょう。

④相手の左斜め前…空気のように忘れられる位置

心理テクニック

相手から見て左側にあなたが見える座り方は、飲み会においては最悪のポジショニング。

むしろ好かれたくない相手やウザくて苦手な人をかわすための位置と言えます。

この場所に座ると、空気のような存在になってしまうので「無関心」という悲しい烙印を押されてしまいます。

もしも気になる相手に対してこの位置に座ってしまった場合、即座に“席替え”をオススメします。

トイレに席を立った際に、さりげなく場所を変えるのもOK。とにかくこの位置は一刻も早く離脱して。

おわりに

座る位置で、相手に与える印象は意外と変わってくるもの。

せっかく参加する飲み会、どうせなら好印象を与えたいですよね。

ただ座るだけで第一印象を良いものに変えていけるなら、こんなにラクなことはありません。

気になる男子にターゲットを定めたら、何とか“向かって左”に陣取るよう動いてみましょう。もしかしたら、思わぬ展開が待っているかも!?

(脇田尚揮/占い・心理テストクリエーター)

(愛カツ編集部)