本命になれる女となれない女の差

クリスマスデートで本命女子になれる女子となれない女子はいったい何が違うのかを考えてみましょう。

失敗しないためのヒントを、今回はお伝えします。

本命になれる女となれない女の差

違い1:突っ走る

女子が理想とするクリスマスデートと男子の理想としているクリスマスデートが一致していることはほとんどありません。

それぞれに勝負のタイミングを考え、デートの服装や行く場所なども思っているよりも十人十色です。

本命女子になれる女子は、男子とクリスマスについてちゃんと過ごし方を話し合います。

そうすることでお互いに期待感も高まると同時に大きなズレが生じないことを理解しているからです。

一方、本命女子になれない女子は、自分の想いで突っ走ってしまいます。

違い2:誘われることが当たりまえだと思っている

クリスマスデート、実はお誘いを受けた時点から始まっています。

本命女子になれない女子は、このことに気づかず、最初から「ないな」と思われている中でのスタート。

本命女子になれる女子は、心から喜んだ反応をしますが、なれない女子は、自分の都合で時間をずらしてもらったり日付をずらしたいという自分中心の発言をします。

もちろん後々予定が入ることはあるでしょうが、誘われた瞬間から、変更を依頼されると多くの男子はそれだけで一気に冷めます。

違い3:クリスマス前に段階的にメッセージを送らない

本命になれない女子は「約束した」ことに安心してもらい、その後のフォローが手薄になります。

本命女子になれる女子は、約束した後、当日までいかにお互いを盛り上げるかを真剣に考え行動に移します。

段階的に楽しみだと言う気持ちを伝えるメッセ―ジを送ったり、デートの中でもクリスマスを話題に出して、笑顔で楽しみだという雰囲気を伝えたり……。

当日のための準備を怠りません。

違い4: 当日食べ過ぎる

クリスマスデート中にいつもより踏み込んだボディタッチやお泊りを予定する場合もあるでしょう。

本命女子になれる女子は、食べ過ぎるとお腹周りが気になってしまい、そういうシーンで気持ちが男子に向きづらいということを理解しています。

ですから、食べる量については「少な目で」などとデート計画時に男子にしっかりと伝えます。

本命女子になれない女子は、美味しいご飯をお腹いっぱい食べているその瞬間を楽しむことに集中し過ぎて、その後集中できなくなってしまいます。

違い5:男子心をくすぐらない

男子はある程度の部分的なコスプレは許容しますし、クリスマスであれば、それで「特別感」を演出されても不快には思わないケースがほとんどです。

本命女子になれる女子は、ワンポイント帽子やカバン、場合によっては下着にクリスマス色を取り入れて、それをネタに男子心をくすぐります。

本命女子になれない女子は綺麗でお洒落な服装をしてきますが、男心をくすぐれるかという視点が抜けてしまいます。

おわりに

いかがでしたでしょうか?

クリスマスデートに全力を傾ける際に、ぜひ今回のヒントを参考にしてみましょう。

努力が無駄にならないように素敵なクリスマスをお過ごしください。

(お坊さん恋愛コーチさとちゃん/ライター)

(愛カツ編集部)