バレンタイン前

バレンタイン前にドキドキしてしまうのは、男性陣も同じ。

チョコを貰いたすぎて、空回った行動を取ってしまう人もいるみたいですよ。

そこで今回は「男性陣がバレンタイン前についやってしまうこと」についてご紹介します。

これらをしている男子はバレンタインを意識しているので、チョコをあげると告白が成功するかも!?

バレンタイン前

1、好きな子をからかう

・「チョコが欲しすぎて、つい好きな子をからかってしまう……」(21歳/大学生)

小学生の頃から、男子は好きな子についちょっかいをかけたくなってしまう生き物。

「お前、誰かにチョコあげるの?」「可哀想だから俺が貰ってあげるよ(笑)」など、つい好きな子をからかってしまうようです。

女子からするとイラっとしてしまうこともありますが……。「私のことが気になっているのかな?」と大目に見てあげましょう。

2、甘いもの好きアピール

・「誰にも聞かれていないのに、『甘いものって疲れも取れるし、めっちゃ良いよな~』と謎にアピールしていた高校時代。いま思うとかなり痛々しい……」(28歳/営業)

チョコレートが苦手な男子もいるので、このアピールは女子からするとありがたいかも!?

とはいえ好きでもない人から「甘いもの好き」をアピールされても、少々困ってしまいますよね。

「そんなにチョコが欲しいんだな……」と哀れみの目で見てしまいそうです。

3、もらえそうな人にお願いする

・「友達とチョコの数を競っていたので、義理チョコをくれそうな女子に頼んで回っていました。もちろんちゃんとお返しはしていたけれど、恥知らずな行動ですよね」(25歳/メーカー勤務)

「母親に1個もチョコを貰えなかったとバレたら恥ずかしい」「友達にチョコの数で負けたくない」

などの理由から、頼み込んで義理チョコを貰う男子も。

これも若さゆえの行動ですよね。

もし「俺にチョコちょうだい!」なんて言われたら、遠回しに告白されているのかと勘違いしてしまいそうです。

4、急にカッコ良くなろうとする

・「バレンタイン直前になって、急にコートを新調したり、眉毛を整えたりしていたなぁ(笑)。あからさますぎて、多分女子は引いていたと思う」(24歳/保険)

「バレンタインまでにかわいくなりたい!」

女子がこんな風に思うのと同時に、彼らも少しでもカッコ良くなって、興味を持ってもらいたいそう。

男子もひそかに努力をしているんですね。

おわりに

こうやって見てみると、多くの男性がバレンタインを意識しているのがわかります。

「片思い中の彼は、イベントに興味がないし……」なんて決めつけずに、まずはチョコを送ってみてはいかがでしょうか。

そこから知れる彼の意外な一面があるかもしれませんよ。

(和/ライター)

(愛カツ編集部)