男性のテンションがさがる、初デートでやりがちな失敗あれこれ

初デートで大事なことのひとつが、事前準備。

彼が好きなものや、好きな場所をリサーチしておく。

ふたりの会話を楽しむために、ゆっくり静かに喋れるお店を予約しておく。

まあ、オトナはそういうことをします。

しかし、若いとどうしても緊張でいっぱいいっぱいで、事前準備もままならない……。

ということになりがちですよね。

そんなあなたのために、最低限ここは押さえておこう!というポイントをご紹介。

ありがちな初デートの失敗を3つ挙げますので、ぜひ参考にしてください。

男性のテンションがさがる、初デートでやりがちな失敗あれこれ

聞き役に徹する

初デートで、あまりしゃべらない女子がいます。

「初デートでは聞き役に徹するべし」みたいな記事はよく見かけますし、きっとそれを参考にしているのでしょう。

彼にすこしでも自分をアピールしたくて、一生懸命なんですよね。

でも、そういう女子を、男子は「つまんない女子だなあ」と思います。

男子は、女子が聞き役に徹しようとなんであろうと、「彼女が楽しそうにしているかどうか」を見ています。

無意識のうちに、彼女が楽しそうかどうかを見ている、といったほうがいいかもしれません。

“恋愛マニュアル”のとおりにやることに価値があるわけではないし、すべて無視する必要もない。

ただ、彼に「一緒にいる楽しさ」が伝わるかどうか、が大切なのです。

慣れない靴を履いて歩けなくなった

好きな彼とのデートのときは、どうしてもおしゃれしたくなりますよね。

たとえば、あたらしい靴を履くとか!

でも、ご存知でしょうが、履きなれない靴って、歩きづらかったりしますよね。

指がすれたり、皮がむけてしまったりで、ひどいときは痛みで歩けなくなることも。

そうなってしまうと、男子は気をつかいますし、あなたも申し訳なさを感じてしまうでしょう。

そんなとき、おたがいに慣れた関係なら、近くのカフェなどで休んだり、話す時間を作っ足りといったことができます。

しかし初デートでは気まずくなってしまう可能性も高いもの。

だんだんと、ふたりの間も持たなくなって、早めの解散になってしまいかねません。

かわいさも大事ですが、いつもの服で、いつものあなたで魅力をアピールしましょう。

「エッチしようよ」→「え~!そんなのありえない!」

初デートで「付き合ってよ」からの「エッチしようよ」と言ってくる男子は……

最近は少ないらしいけど、でも、いるにはいますよね。

あなたの好きな相手がそんな彼だった場合。

「エッチしようよ」という申し出に対して、「え~!ありえない!」というリアクションは、彼を傷つけてしまうかもしれません。

「もう少しあなたのことを知ってからエッチします」とか、「3回目のデートのときにします」など、自分がどう思ったのかを話してあげてくださいね。

彼はなにも、あなたのカラダだけが目当てではありません。

男子にとってエッチとは、自分の「人格」と「肉体」を受け入れてくれる行為。

つまりは、彼女に認められた証明、ともいえるものなのです。

だからといって、初デートでいきなりエッチすることはありません。

自分の気分や体調をいちばんに考えてほしいと、僕は思います。

ただ、もしも彼が「エッチしよう」と言ってきたのであれば、感情的に断るだけではなく、

「どういう条件がそろえば、彼の申し出を受け入れてもいいか」ちゃんと教えてあげてくださいね。

おわりに

いかがでしょうか。

初デートであっても、100回目のデートであっても、デートの本質は変わりません。

それは「ふたりで楽しく遊ぶこと」です。

これをやれば彼にきらわれるかな?とか、いろんな迷いがあったり、それゆえの緊張があったりするでしょう。

そんなときこそ「いま彼とデートを楽しむことに集中する!」これが大切です。

簡単にいえば「あそぼ~!」という気持ちやテンションが大切。

彼と楽しく遊んで、良い関係を築いていってくださいね。

(ひとみしょう/ライター)

(愛カツ編集部)