男子の心をぐっとつかむあけおめLINEとは?

気になる男性と、年始をいっしょに迎えられないなんてさみしいな……。

でも、会えないからこそ、あけおめLINEを工夫して彼の心をぐっとつかんでみませんか?

年が明けた瞬間に送る人も多いけれど、それだけでは充分なインパクトは与えられないかもしれません。

男子の心をぐっとつかむあけおめLINEとは?

男性に好感度の高かったメッセージの内容を聞いてみましたので、ぜひ参考にしてください。

コピペじゃないことがわかる文面

「定型文みたいな感じでくると、なんとも思いません。去年『今年こそ、毎日ランニングの目標達成させてね~』って送ってくれた子がいるんだけど、俺だけのために考えてくれた文章だと思うと嬉しかったです」(26歳/保険営業)

新年は、彼の携帯にも多くの人からLINEが届く可能性大!ありきたりな「あけましておめでとう。今年もよろしくね」では、みんなのメッセージに埋もれてしまいます。

さらに、義理感が出たり適当に送ったように受け取られたりする可能性も。

気になる男性に送るなら、彼との共通の話題を付け加えておきましょう。これなら、シャイな女性にもマネしやすいのではないでしょうか。

具体的なお誘いプラス

「俺がいいなと思ったのは『去年は○○くんといろんなところに行けたおかげで楽しい1年になったよ~、ありがとう!次は××神社に初詣ね』っていうLINEです。今年も彼女との楽しい思い出が作れるんだと思うと、気分のいい年明けになりました」(28歳/メーカー)

ちょっぴりおねだり風の、かわいらしいメッセージ。去年のお礼を添えているので、好感度がより高まったのではないでしょうか。

次のデートの約束もできるので、一石二鳥ですね。相手の名前も入っているので、特別感も出ています。

お付き合いしている彼や気になる男性がいる方は、長くなりすぎないように注意しながらマネしてみましょう。

今年はじめては○○くん

「友だち以上恋人未満の子に『初夢に○○くんが出てきたよ!いい年になりそう』と言われて、ドキっとしました。だって、それだけ俺のことを考えてくれていたってことですよね?」(25歳/公務員)

「お互いの実家に帰省して、彼女と離れて過ごした年始。『早くそっちに戻りたいよ~!家族以外で今年一番はじめに会うのは○○くんがいいな』と言われて、かわいいなぁと。思わずスマホを見ながらニヤけてしまいました」(27歳/銀行員)

恥ずかしがり屋さんには少し勇気のいるテクニックですが、好意がしっかり伝わるメッセージです。

カップルは、年明け最初のデートがより一層盛り上がるかも。ストーカーっぽくならないように、明るいトーンで送ってくださいね。

年明けのLINEが1年の恋愛模様を有利にするかも?

ふたりでカウントダウンができなくても、あけおめメッセージで彼をキュンとさせることができれば幸先いいスタートが切れた感じがしますよね。

つかみがOKなら、次の1年も楽しくなりそうな予感。来年も彼にとって特別な女性でいられるよう、元日から積極的に攻めていきましょう。

(愛カツ編集部)