好感度ダウン……男子がガッカリする女子の口癖3選

男子は女子の言葉づかいだけでなく、口癖にも注目しています!

「せっかく仲良くなったと思ったのに」「女子のそういうところが理解できない」など、口癖が原因でガッカリしたことのある男子もいるようです。

今回は男子の体験談の中から、好感度ダウンにつながるNGな女子の口癖を見ていきましょう。

好感度ダウン……男子がガッカリする女子の口癖3選

品のなさが感じられる「ウケる」「マジ」

「“ウケる”とか“マジ”を普通に言ってしまう子は苦手です……。

品がないというか、とにかくイメージダウンしてしまいます。

せっかく合コンで好みの子に出会ったのに、2回目のデートで“○○くんウケる!”って。

本人は楽しそうだし、打ち解けてきた証拠にも思えるんだけど、やっぱり苦手な口癖です」(25歳/スポーツインストラクター)

こちらの口癖は、テンションが上がったときや、相手に気を許したときについ使ってしまいがち。

せっかく仲良くなれそうなシーンでも、口癖によってチャンスを逃しかねません。

“おもしろい”や“ほんと?”など、言葉を置きかえるだけで印象が変わってくるので、日頃から気をつけておいたほうがよさそうですね。

否定的な受け取り方の「でもさ~」

「最近知り合った子、デート中はもちろんLINEでも“でもさ~”の回数が気になるほど多いんです。

本人は気づいてなさそうだし、悪気もないようだからツッコミにくい……

だんだん会話もはずまなくなってきたから、次のデートはやめときます」(23歳/銀行員)

自然な会話の中であいづちのように“でもさ~”を使っている人は要注意!

男子に“否定的な受け取り方”だと思われることのある口癖なので、多用するのは避けましょう。

ちがう意見を提案したいときには、相手の発言を受け止めたあとで使えばOK!

じつは男子的にはNG!「かわいい」

「女子の“かわいい”ってよくわからない……

俺の新しい服に“そのシャツかわいい”、芸術的な作品を見て“すごい~!かわいい!”などなど

高校生くらいまでならまだしも、いい大人がなんでも“かわいい”でまとめるのはどうかと思う。」(25歳/建築会社)

なんにでも“かわいい”を使うのは、男子的にはNGのよう。

便利に思えるワードですが、口癖のように使っていると男子をガッカリさせることも!

“きれい”など、べつの表現を使ったり、“○○なところがかわいいね”と理由を加えたり、言い方を工夫すると一気に違和感がなくなりますよ。

口癖は入念なチェックが必要!

ここぞというシーンで口癖による失敗をしたくないなら、日頃から気をつけようという気持ちが大切です。

口癖は自分では気づきにくいもの。

今回ご紹介した口癖をふくめ、気になる部分がないか、友人にアドバイスをもらうのもよさそうですね。

(愛カツ編集部)