お風呂でイチャイチャ

エッチの前に、彼とゆっくりお風呂でイチャイチャしたいときってありますよね。

でも「いっしょに入ろう?」と直接誘うのは恥ずかしいし、ボディタッチをしすぎるとお風呂をすっ飛ばしていきなりその後に突入してしまうことも!

どのように伝えるといいのか、男性意見を参考に考えてみましょう。

お風呂でイチャイチャ

ふたり分の下着を準備しはじめる

「彼女がお風呂の準備中、自分の下着だけでなく俺のパンツまで準備をはじめました。いつもは自分の分だけ持ってさっさと入ってしまうので、驚いて……『え?いっしょに入るの?』って聞いたら、無言でうなずいてました。本当にかわいいですよね」(27歳/理学療法士)

これは、いつもの行動パターンがあってこそ成功したケースかもしれませんね。

男性のなかには、パンツを準備してもらっても「気のきく子だな」くらいにしか思わない鈍感な人もいるかも。

マネするなら、たたんだふたりの下着を並べて脱衣所に置いたり、タオルは1枚で下着はふたり分用意したり。

もう一歩踏み込んだアピールをしてみましょう。

入浴剤をいっしょに買いに行く

「ふたりで買い物行ったとき、彼女が『買いたいものがあった!』って言いだして、ついて行ったら入浴剤を購入。その日は俺の家にお泊りの予定だったから、恥ずかしそうに買っている彼女を見て、もう待ちきれませんでした」(25歳/MR)

入浴剤はお風呂で使うものなので、お泊りの日に持って行くだけで「いっしょに入りたい」という言葉の代わりになるかも。

その前に買い物の予定があるなら「○○くんなら、どの香りが好き?」と彼の好みを聞いてから用意するのもいいかもしれません。

ふたりで選んだものなら、バスタイムもますます盛り上がりそうです。

カレンダーに♡をつけておく

「女の子の生理のタイミングとか、イマイチよくわからないから、俺らは、今日いっしょに入りたいなぁって日には『♡お風呂』って書いておく決まりです。どちらが決めたわけじゃないけど、なんとなくそういうルールになっています」(26歳/メーカー)

頻繁に部屋を行き来する間柄になると、お互い誘うタイミングが難しくなることも。

彼もいつでもイチャイチャできる安心感から逆に求める回数が減ったり、完璧には把握できていない彼女の生理のタイミングが気になったりすることもあるんだとか。

ベタですが、ふたりだけのサインを決めておくのもいいですね。

イチャイチャとお風呂のサインを分けておけば、いきなり本番に突入してしまうこともありません。

彼のエッチな妄想力を利用して

男性は、女心を理解するのは苦手でも、妄想はなぜか得意なもの。

いっしょにお風呂に入りたいときは、ちょっと匂わせるだけでも感づいてくれそうですよ。

イチャイチャのバスタイムをゆっくり過ごして、彼との仲をもっと深めてくださいね。

その後も……きっと盛り上がることでしょう♡

(愛カツ編集部)