天然LINE

「抜けている」つまり、ちょっとしたミスをやらかしたり、天然っぽさを出したりといったLINEは、男性をキュンとさせるもの。

もちろん、ワザとらしいのはNGです。

そこで今回は、どんなLINEが「こいつかわいいな……!」と思ってもらえるのかをご紹介。

ちょっぴりかわいく思われたいときの参考にしてはいかが?

天然LINE

肝心なところで誤字

誤字は、誰でもたまにやらかしてしまうもの。

一文字抜けていたり、間違った漢字を変換したり。なかでも、かわいいと思われるのは、「ここで誤字あったら、ちゃんと伝わらないじゃん!」という誤字。

たとえば「おはよー!ちゃんと老いた?(正:起きた?)」「もう突くよ(正:着くよ)」と、文章中の誤字だったり、値段を1ケタ間違えたり……。

不意に来る誤字に、相手の男性もクスっとなるし「かわいいな」と思ってしまうのです。

修正前の自撮りを送ってしまう

LINEで自撮りを送る。そんなとき、ちょっと隠したいところをスタンプで隠したり、修正したり。加工したほうの写真を送ろうと思っていたのに、間違えて加工前の写真をうっかり送ってしまったとき。こんなときも男性は、クスッとなってしまうもの。

「あー!まちがっちゃった!こっちこっち!いまの無し!!」と、あたふたしてみて。相手の男性は、さらにかわいく感じてくれるはずです。

説明と違う写真を送ってしまう

いま食べている、おいしいものだったり、きれいな風景だったり。楽しい場所に行ってきたり、嬉しいことがあったり。そんなときも、LINEで報告したいと思いますよね。

でも、そんなとき、説明とは違う、全然関係の無い写真や画像を送ってしまうのも、かなりの萌えポイント!

「○○にいってきました!」と言って、全然違う場所の写真。「○○かわいかったよー!」と、動物の写真を送ったら、違う動物の写真。

ほぼ100%ツッコミを入れたくなる間違いなので、相手の男性の心も、グッと引き寄せられる抜け具合となるはずです。

ねぼけて意味不明な言葉を送信

自分では送った記憶がないほど、寝ぼけてLINEを送ってしまったことはありませんか?

あるいは、頭がボーっとしていて、上手く会話になっていないときなど。でも、そんなところも、男性は「かわいい」と思ってしまうもの。

寝ぼけて、もはや意味不明な文字の羅列になっていたり、LINE越しに、だんだん眠くなっているのがわかったり。

そんな様子が見て取れると、男性はとても身近に感じ、愛おしさすら感じてしまうものなのです。

おわりに

日常生活で欠かせないコミュニケーションツールともなっているLINE。

手軽にメッセージを送れる分、ちょっとしたミスもありますよね。

気になる彼だからこそ、ミスなくしっかりと意思疎通をしたいと思うかもしれません。

でもちょっと抜けていところがあるほうが「かわいい」と思ってもらえる確率がアップするもの。

わざとやりすぎるのはご法度ですが、肩の力を抜いて、自然体で会話を楽しんでみては!?

(橘遥祐/ライター)

(愛カツ編集部)